« 日弁連はなぜ負けたのか? ~法曹一元とは何だったのか(3)~ | トップページ | Yahoo!BB事件 »

2008年2月26日 (火)

慧眼

2000年前後の日弁連の意思決定過程をいろいろ調べていく過程で,現参議院議長である江田五月氏のホームページに行き当たった。以下に,20008月,司法試験合格者年3000人が事実上確定したことを受けて書かれた文章を紹介する。

    これは相当なことです。なにしろ、今現在、全国の弁護士の数は1万6000人余りですから。これが毎年約2500人ずつ(筆者推定)増えていくことになります。この大増員について、日弁連は、法曹一元制度(弁護士経験者が裁判官・検察官になる、というシステム)の採用、法律扶助制度の大巾な拡充、裁判官・検察官の大巾な増員、などと抱き合わせにしてOKサインを出していたのですが、このへんのところは(案の定)適当にすっぽかされて、「年間3000人」と「法科大学院」だけが一人歩きをする内容になりました。

     そもそも、審議会にここまでいいように「いいとこ取り」をされたのは、日弁連の偉い人たちが、「われわれの主張は正しいのだから審議会でそれが通るはずだ」とばかりに突っ込んでいったからです。大甘もいいところです。「貧弱な戦術手段しかもっていないのに、過大な戦略目標を追求した」のです。孫子は2500年も前に、こういう戦争はやっちゃならんと言っています。曰く、「小敵の堅は大敵の擒なり」と。

     つける薬もないような人たちを相手にするのはこれくらいにして、これが実現したら(たぶん実現しちゃうだろうと思うのですが)どうなるかを、勝手にかつ客観的に予想してみましょう。

1.     弁護士の世界は変貌します。いままで(良くも悪くも)ギルド的だった体質は吹っ飛びます。(同業者の数が、6年間で、新規参入のために2倍に増える、という状態を想像してみて下さい。)産業革命のときと同じ現象、つまりなんでもありの自由競争が起きるでしょう。

2.     新規参入の人たちは、当然のこと、普通では食っていけないでしょう。そこでおそらく価格競争や勧誘広告が発生します。「安くやります」とか、「皆さん、こういう裁判をやろうじゃないか」とかね。これは現在のところ、日弁連で(「倫理に反する」ということで)禁止されていることですが、歴史上、倫理が現実とケンカして勝ったためしはありませんから、禁止規定の方がふっとぶのは時間の問題でしょう。実際に、弁護士過剰気味のアメリカでは、こんな広告はフリーパスなのですから。

3.     当面の問題として、3000人の新人の就職口があるとは思えませんから、弁護士の資格を持って会社に就職して、そこの法務部で仕事をする、という人が多く出るでしょう。これも現在のところ(「弁護士」としてやるのは)違反なのですが、そこはそれ、なんといっても現実の方が強いでしょう。

4.     裁判そのものも、今まであまりなかったスタイルのものが増えるでしょう。まず間違いなく増えるだろうと思えるのが、市長さんやら町長さんやらを相手にした住民訴訟とか、大会社の社長さんを相手にした株主代表訴訟とかです。この種の事件が日本で今まで少なかったのは、そんな事件を持ち込んでくるお客さんがほとんどいなかったことと、弁護士にとって勝つまでがたいへんだからですが、実のところ、裁判やって勝ったら一山当てたようなもので、いい稼ぎになります。となれば、お客さんを掘り起こしてでも一発勝負してやろうという弁護士が出てきても何の不思議もありません。これも、アメリカで実際に起こっていることです。(それにしても、弁護士を増やせと言ってる経済界やお役所の人たちって、こういうことまで考えてるのかなあ?)

私は,政治家としての江田五月氏をよく知らないが,上記の文章の中で,8年後の今実現していないことは4番だけである。「慧眼」とはこういうことを言うのではないだろうか。そして日弁連の当時のお偉方の中に,ここまで未来を見通していた人はいたのだろうかと思う。見通していなければ,愚かであったことを自認しなければならないし,見通していたとすれば,それが弁護士と国民にとって良いことだと思っていたのかと聞きたいところである。(小林)

|

« 日弁連はなぜ負けたのか? ~法曹一元とは何だったのか(3)~ | トップページ | Yahoo!BB事件 »

コメント

一方で江田さんは、上記記事の半年前である2000年2月に行われた日弁連のシンポジウムで、宮内や保岡、田原あたりといっしょに、弁護士に対し「ギルド」批判をされていたわけでして。。。http://www.bekkoame.ne.jp/~prtybell/kyoukai/tokyomet.htm
なお、このシンポでの各人の発言については、現代人文社のブックレットでも入手できます。

投稿: 増田尚 | 2008年2月26日 (火) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/40268893

この記事へのトラックバック一覧です: 慧眼:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 14時19分

« 日弁連はなぜ負けたのか? ~法曹一元とは何だったのか(3)~ | トップページ | Yahoo!BB事件 »