« 「通りすがりの1人」さんへの返事 | トップページ | 日弁連はなぜ負けたのか?(番外編1) »

2008年2月 6日 (水)

「増員阻止は業界エゴ」キャンペーンが始まった?

平成19年2月5日の読売新聞に,「弁護士急増で揺れる法曹界」と「法曹人口比率 米は日本の18倍」という二つの記事が掲載された。記事の中には,記者(または新聞)の意見として,「過疎問題や弁護士不足の問題が解決していないのに,自ら増員を受け入れた弁護士会が弁護士の生活不安を理由に反対するのは,業界利益だけを考えているとしか国民の目には映らない。」と手厳しい見解が記載されている。

これに先立つ2月3日,保岡興治衆議院議員が,自民党司法制度調査会として,法務省に対し,急激な政策変更をするべきではないとの意見書を提出したとの情報が入った。同議員は自民党の司法制度改革政策の重要人物であり,3000人増員政策の推進者である。

読売新聞の記事と,保岡議員の動きとは,2月2日の日弁連会長選挙東京公聴会で,「法曹三千人 日弁連も見直し確実 会長候補2人とも明言」と報道されたことに触発されたものとみてよい。そして読売新聞の記事と,保岡議員の動きは連動していると見るべきである。つまり,増員推進陣営からの巻き返しが始まったのだ。

増田尚弁護士のブログは,「で、二言目には、業界エゴ、フランス並みですか。10年前と同じ光景、永遠のワンパターン。」とマスコミを批判している。確かにワンパターンだが,「敵」は10年前にも同じ戦術で勝ったのだから,当然,勝ちパターンで攻めてくるわけである。むしろ,「弁護士の生活不安」を全面に出して,負けパターンを繰り返す愚こそ責められるべきであろう。

増員推進陣営には,今のところ,法科大学院(文科省)と財界(の規制改革推進派),アメリカ,及びこれらの後押しを受けた議員(保岡興治など)がいる。一方,増員見直し陣営にいるのは,法務省(鳩山邦夫)と日弁連だ。最高裁は現時点で旗色不明である。

日弁連がこれらの巻き返しに対抗して,増員見直しを推進するためには,法務省や最高裁との大同団結(宮崎候補)がいいのか,法務省や最高裁とも対決し,巻き返し陣営とも対決する二正面作戦(高山候補)がいいのか。今度の日弁連会長選挙では,この点が問われている。(小林)

|

« 「通りすがりの1人」さんへの返事 | トップページ | 日弁連はなぜ負けたのか?(番外編1) »

コメント

小林先生

 お久しぶりです。北田@JEITAです。

 平凡社新書を購入致しました。

 これから読みます。

投稿: 北田 | 2010年2月16日 (火) 23時55分

ご無沙汰しております。その節はお世話になりました。
メールアドレスを探したのですが見つからないのでコメント欄で返信させていただきます。
拙著を購入いただきありがとうございます。全然違う業界の話なので、興味を持たれないかもしれませんが、ご感想などお聞かせいただければと思います。なお当職のメールアドレスは、kobayam@gold.ocn.ne.jpです。

投稿: 小林正啓 | 2010年2月17日 (水) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/40015339

この記事へのトラックバック一覧です: 「増員阻止は業界エゴ」キャンペーンが始まった?:

» 戦わなければ勝利はない [ろーやーずくらぶ]
 当職の読売新聞の記事に関するエントリに対し、小林正啓弁護士から、「『弁護士の生活不安』を全面に出して、負けパターンを繰り返す愚こそ責められるべきであろう」との評をいただきました。しかし、2000年当時、3000人問題に関していえば、日弁連は、そのよう...... [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 18時16分

» 讀賣新聞宮崎候補応援か?? [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 アメリカ大統領選挙「スーパーチューズデー」。現在開票が続いておりますが、特に一騎打ちの民主党は大接戦が続いています。そして、今週金曜日にはやはり大接戦といわれる日弁連会長選挙。スーパーチューズデー...... [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 20時51分

» 讀賣新聞宮崎候補応援か?? [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 アメリカ大統領選挙「スーパーチューズデー」。現在開票が続いておりますが、特に一騎打ちの民主党は大接戦が続いています。そして、今週金曜日にはやはり大接戦といわれる日弁連会長選挙。スーパーチューズデー...... [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 21時30分

« 「通りすがりの1人」さんへの返事 | トップページ | 日弁連はなぜ負けたのか?(番外編1) »