« 日弁連「法曹人口問題に関する緊急提言」に,町村官房長官「見識を疑う」 | トップページ | 日弁連「法曹人口問題に関する緊急提言」に,町村官房長官「見識を疑う」のは「当然」と朝日新聞 »

2008年7月22日 (火)

法科大学院1期生「トンデモ答案」集

2008722日の日本経済新聞によると,最高裁判所は法科大学院1期生で司法試験に合格した司法修習生の卒業試験(いわゆる二回試験)の不合格答案の概要をまとめた。中には,被告人のアリバイの主張を無視したり,これを否定する内容の弁論を書いた修習生や,飼い猫を有償で預かったのに死なせてしまった場合の責任を問う問題で「猫を生きたまま返すことまで契約に含まれていないから,猫の返還義務に不履行はない」とした答案などの「トンデモ答案」が含まれているという。

紙面は,「法科大学院の教育内容が問われそうだ」としているが,アリバイの主張を無視するような資質は,教育以前の問題であって,法律家になる適性が根本的かつ修復不能なほど欠けていると言うべきであろう。このような資質に欠ける人間が相当数,法科大学院に入学し司法試験に合格しているとするならば,それは,法科大学院生の資質が無視しがたいほど低下していることの,一つの証拠となりうる。

ところで,今回最高裁判所が発表した内容は,本年6月24日の規制改革会議法務・資格タスクフォースでも一部触れられており,その意味で特に目新しいものではない。したがって(例によって),このニュースの報道価値は,最高裁がこの時機に,この報道をした背景にあると言うべきだ。そしてこれは言うまでもなく,718日に,日弁連理事会が法曹人口増員に関する緊急提言を受けてのものである。

世の中の動きを,とても流れの遅い川にたとえるなら,こういったニュースは,時々川底から浮かび上がってくる泡ぶくに等しい。我々一般人は,こういった泡ぶくを見つめて,川がどちらに流れているか,冷静に判断することが必要だ。(小林)

|

« 日弁連「法曹人口問題に関する緊急提言」に,町村官房長官「見識を疑う」 | トップページ | 日弁連「法曹人口問題に関する緊急提言」に,町村官房長官「見識を疑う」のは「当然」と朝日新聞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/41932878

この記事へのトラックバック一覧です: 法科大学院1期生「トンデモ答案」集:

« 日弁連「法曹人口問題に関する緊急提言」に,町村官房長官「見識を疑う」 | トップページ | 日弁連「法曹人口問題に関する緊急提言」に,町村官房長官「見識を疑う」のは「当然」と朝日新聞 »