« 公的資格制度論で忘れられたもの | トップページ | 大阪弁護士会8月6日臨時総会決議について(2) »

2008年8月 6日 (水)

大阪弁護士会8月6日臨時総会決議について(1)

8月6日の大阪弁護士会総会が,マスコミに多少注目されている。そのためか,当ブログにもアクセスが多い。この1週間,あえて更新しなかったが,委任状争奪戦も終わったことであるし,可能な限り両案に中立を保ちつつ,私見を述べたい。

総会で諮られるのは,法曹人口問題に関する大阪弁護士会執行部案と,反執行部案である。しかし,本件ではとても特徴的なことだが,執行部案と反執行部案は,どちらも大阪弁護士会執行部が作成した点で共通している。言い換えれば,反執行部案は,執行部が作成した当初案であり,執行部が当初案を引っ込めて2週間後に再提出した差替案が,執行部案なのだ。だから,「執行部案」「反執行部案」という言い方は不適当だと思う。そこで以下,「当初案(=反執行部案)」「差替案(=執行部案)」と呼ぶことにする。

どちらも執行部が作成したという点で同じだとすると,違いは何か。趣旨(内容)の違いとして大きいのは,次の3点だろう。

第1点は,当初案は,「2010年の司法試験合格者3000人」という閣議決定事項の「減少」を求めているのに対して,差替案は「見直し」を求めている点。

第2点は,2008年度の司法試験合格者数に関し,当初案は「前年度より大幅な減少(提案理由とあわせれば1500人程度と読める)」を求めているのに対して,差替案は「前年度より増やさない」ことを求めている点。

第3点は,2009年度以降の司法試験合格者数に関し,当初案は第2点と同様であるのに対して,差替案は触れていない点。

「当初案と差替案の違いなんてあるのか?」という意見もある。しかし,常議員会は当初案を大差で否決し(賛成3,反対多数),差替案を大差で可決した(賛成45,反対2,留保1)。この票差だけの違いがあることは間違いない。

繰り返しになるが,この2案は両方とも,大阪弁護士会会長以下執行部が,2週間の間に起草したものだ。立場の違う2者の作成した2案をめぐって争いが起きているというならともかく,同一人が作った2案を巡って,マスコミから「まっぷたつ」や「内紛」と言われる分裂状態が発生していることになる。

これは,組織として,本当に恥ずかしいことだ。(小林)

|

« 公的資格制度論で忘れられたもの | トップページ | 大阪弁護士会8月6日臨時総会決議について(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/42078114

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁護士会8月6日臨時総会決議について(1):

« 公的資格制度論で忘れられたもの | トップページ | 大阪弁護士会8月6日臨時総会決議について(2) »