« 婚外子の相続差別は少子化の一因か? | トップページ | 日弁連はなぜ負けたのか ~司法改革という宗教~ (9) »

2009年6月29日 (月)

防犯カメラ付き自販機いたずら、19歳会社員を現行犯逮捕

愛知県豊橋市の岩田運動公園に置かれた、防犯カメラなどがついた自動販売機のセンサーライトをハンマーでたたき壊していた19の会社員が、張り込みだった3人の豊橋署員に追跡され逮捕された。この会社員は、過去4回のいたずらも自分がやったと自供しているという。

このニュースは以前このブログでも触れたが、私が知っていた以外にも2回の被害があったようだ。つまり、この防犯カメラ付き自販機は、4回にわたって、自分を攻撃する犯人を撮影できなかったことになる。

本当に張り込み中だったかどうかはやや疑問だが、市民の安全を守るというのなら、自販機の回りに張り込むよりほかに、やるべきことがあると思う。(小林)

|

« 婚外子の相続差別は少子化の一因か? | トップページ | 日弁連はなぜ負けたのか ~司法改革という宗教~ (9) »

コメント

>自販機の回りに張り込むよりほかに、やるべきことがあると思う。

  ↑そりゃ違うだろ。

  この犯人を捕まえることは、「市民の安全を守る」ということで重要なことだよ。
  

投稿: www | 2009年10月 4日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/45481683

この記事へのトラックバック一覧です: 防犯カメラ付き自販機いたずら、19歳会社員を現行犯逮捕:

« 婚外子の相続差別は少子化の一因か? | トップページ | 日弁連はなぜ負けたのか ~司法改革という宗教~ (9) »