« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月24日 (水)

「こんな日弁連に誰がした?」に対するご質問やご意見について

こんな日弁連に誰がした?」(平凡社新書)について、次のようなご質問やご感想をいただいていますので、取り急ぎ意見を述べます。もちろん、著書は子どもと同じであり、著者(親)といえども別人格ですから、この意見が正解だというつもりはありませんので念のため。

業界人しか分からないお話でしょう?

→一般の方にもご理解いただけるように配慮したつもりです。逆に、業界人には、冒頭部分は退屈ですから、33ページまでは読み飛ばしてください。

規制改革路線に対する批判が足りない。

→規制改革路線のよしあしを論じることは、本書の目的ではありません。大事なのは、仮に規制改革路線が間違っていたとしても、その間違いに易々と乗ってしまった日弁連の体質だと考えます。

著者の意見が足りない。

→私なりの意見もありますが、書きませんでした。大事なのは、若い人たちに事実を知っていただくことにあると考えるからです。事実を知らず、意見を振り回しても、過去の失敗を繰り返すだけです。孔子も言っています。「思いて学ばざればすなわち危うし」と。

結局サヨク弁護士が悪いってわけ?

→うーん、それだけではないと書いたつもりなのですが。これは筆者の文章力不足でしょう。

「法曹一元」は実現不可能だと、当時から分かっていた

→執筆中、もっとも悩んだ点です。私が取材した多くの弁護士は、同じように言いました。しかし、当時を記録する全ての資料は、日弁連が「法曹一元」の理想を信じ熱狂したことを証明しています。42回も「法曹一元」を連呼した日弁連臨時総会決議文がいい例です。私の結論は、「当時、法曹一元に熱狂した弁護士たちは、現在、口をつぐんでいる」というものです。太平洋戦争の記録を想起してみてください。戦後発言した多くの人たちは、「アメリカに勝てるなんて思っていなかった」「私は賛成していなかった」と言いました。でも、それが本当に政府や国民の多数意見だったなら、歴史は違っていたはずです。私は歴史家ではありませんが、歴史認識の難しさは、このあたりにあると思います。

戦後司法史がよく分かった。

→そんなことはありません。本書は、歴史書としては、ひいき目に見ても、中学校レベルです。本当の戦後司法史は、もっと複雑で微妙なものです。興味を持たれた方は、是非ご自分で原資料に当たってみてください。

たちよみしました。買うまでもなく一瞥しただけで理解出来ました。全部が本当です。

→買ってください。お願いします。

会長選挙に出馬するのですか?

→しません。する気なら、こんな本は書けません。

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

平凡社新書「こんな日弁連に誰がした?」発売中です

こんな日弁連に誰がした?」をご紹介いただいたブログなどです(順不同)。ありがとうございました。

日経ビジネスAssocie5月4日号 朝日新聞読書欄 産経ニュース 東洋経済 日刊ゲンダイ 落合洋司弁護士 税理士コイソのブロブロぶろぐさん 弁護士の放課後 ほな行こか~(^。^)/ さん 銀座のマチ弁(弁護士遠藤きみのブログ)さん Matimulogさん(町村泰貴北海道大学教授) Footprintsさん 福岡若手弁護士のblogさん k2009mのブログさん 梅田康宏弁護士(twitter) 永尾廣久弁護士 中村憲昭弁護士 長城紀道弁護士 坂野真一弁護士 馬場秀幸弁護士 辻村幸宏弁護士(twitter) 高橋雄一郎弁護士 amokisan服用日記さん 41zi3yneh8l__sl500_aa240__2ラー教授の学問道さん 水口洋介弁護士 松原拓郎弁護士 坂井崇徳弁護士 一日一冊!*弁護士の読書日記*さん PINE's pageさん black_penguinさん 行政書士開業日記&読書日記・・・そして創業します!さん 柏・弁護士事務所長のブログさん あさ一番弁護士さん 猪野亨弁護士 関根稔弁護士 勤務社会保険労務士 備忘録さん 暮らしの法律さん 高輪共同法律事務所ブログ さん 夢を追い続ける車椅子の弁護士吉峯康博さん さんけんブログさん 弁護士ラベンダー読書日記さん 反町雅彦さん 夕陽のジュリーさん 山下ゆの新書ランキングさん 伊東良徳弁護士 川原俊明弁護士 イヌのおまわりさんさん 寺本ますみ弁護士 家鴨の日記さん 髙橋智弁護士 hironinさん 木村耕太郎弁護士 overbodyさん

 

続きを読む "平凡社新書「こんな日弁連に誰がした?」発売中です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

「こんな日弁連に誰がした?」のご案内

ご無沙汰しております。

標記の書籍が、平凡社新書として発売される運びとなりましたのでご案内します。

Photo_5

出版社によれば、2月17日頃、店頭に並ぶ予定とのことです。

内容は、ブログに連載した「日弁連はなぜ負けたのか?」に、「司法改革という宗教」中断以降の部分を加え、全体を再構成してまとめたものです。また、弁護士以外の読者にもご理解いただけるように、読みやすさを優先して書いたつもりです。

法曹人口問題に関心のあるブロガーには、当方から見本刷りを送付させていただきました。ブログ等、何らかのメディアで本書をご紹介(もちろん、こき下ろしてくださってもかまいません。)いただける方には、本書を献呈しますので、ご遠慮なく下記アドレスまでご連絡ください。ただし、次に献呈できるのは、発売日後になってしまいますことをご了承ください。

内容が内容だけに、日弁連会長選挙後に発売してもらう予定だったのですが、逆に、ドツボのタイミングになってしまいました。人生は、思いどおりには行かないものです。

本書は、山本候補と宇都宮候補のどちらを支持するものでも、批判するものでもありません。本書の目的は、若い法律家や法律家を志望する方、そして司法に関心のある一般市民に、事実を知ってもらうことにあります。

「本書が、日本と日本の司法を再生するうえで、ほんの少しでも参考になれば、幸いです」(あとがきより)。

メールドレス;kobayam@gold.ocn.ne.jp

電子メールには、お名前、送付先住所、ご紹介いただける予定のメディアの名称やURLをご記入ください。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »