« 「複雑化」と「システム思考」について | トップページ | 東京・練馬駅前商店街に街頭防犯カメラ76台設置 1度の設置数としては都内最大規模 »

2010年3月29日 (月)

信用してはいけない人

中国地方の名峰大山(だいせん)は、西から見ると富士山に似た女性的で優美な山だが、南から見ると、断崖の切り立った男性的で荒々しい山だ。ちっぽけな人間がここから学ぶべきことは、大きなものの実体は、様々な方向から見ないと分からない、ということだ。

そしてもう一つ、全体像を把握するためには、どの方向から見たかを知るのは、とても重要、ということがある。西から見たのに、南から見たと嘘をつかれると、山の形が変わってしまう。

日本にとって太平洋戦争は、植民地や資源獲得のための侵略戦争だったという説と、列強に追い詰められてやむなく行った防衛戦争だったという説がある。私は、どちらの説も、戦争という巨大なものの一つの側面を見ているのだと思う。全体像を把握するために大事なことは、このような意見を言う人が、どの立場にあるのかを知る、ということだ。ごくおおざっぱに分類して、侵略戦争説は「左」から見ており、防衛戦争説は「右」から見ているといえる。

ただ、山と違ってややこしいのは、立場が変わったのに、変わっていないと嘘をつく人がいることだ。侵略の先頭に立っていた人が、戦後、私ははじめから防衛戦争説だったと主張したりする。こういう人は、保身や出世、つまりは自分の利益をはかる目的で立場を変えているので、信用してはいけない。

ところで、日弁連にとって年3000人への法曹人口大増員は、規制改革の荒波に抗しきれなかった「苦渋の選択」だったという説が支配的だった。

これに対して私は、日弁連は「法曹一元」を旗印に、自ら積極的に大増員を推し進めたと主張した。私の知る限り、このようなことをあからさまに主張した人間は、私が初めてだと思う。

私は、私の見方のみが真相だと言い張るつもりはない。実際のところ、様々な側面があったのだろう。大事なことは、複数の見方を行って初めて、巨大なものの実体が分かる、ということだ。

そしてもう一つ大事なことは、新たな視点が提示されることによって初めて、「苦渋の選択」説がどのような立場から唱えられていたかが浮き彫りになることだ。

ただ、ややこしいことには、「苦渋の選択」論者の中には、終始一貫して「苦渋の選択」説を採っていた人もいれば、かつては「法曹一元を旗印に積極的に大増員を推し進めた」のに、知らん顔をして「苦渋の選択」説に乗り換えた人もいる。誰とは言わないけれども。

   こういう人の意見を信じると、歴史の全体像を把握できなくなって、とても迷惑をする。

だから、こういう人は、信用してはいけない。

|

« 「複雑化」と「システム思考」について | トップページ | 東京・練馬駅前商店街に街頭防犯カメラ76台設置 1度の設置数としては都内最大規模 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/47914805

この記事へのトラックバック一覧です: 信用してはいけない人:

« 「複雑化」と「システム思考」について | トップページ | 東京・練馬駅前商店街に街頭防犯カメラ76台設置 1度の設置数としては都内最大規模 »