« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

司法修習生に対する給費制「維持」等の決議

5月28日の日弁連定期総会は、「市民の司法を実現するため、司法修習生に対する給費制維持と法科大学院生に対する経済的支援を求める決議」を圧倒的多数で可決した。私は総会に出席したが、賛成の挙手はできなかった。

戦後以来、司法修習生には給与が支払われてきた。私の世代は月額20万円程度だった。それが、2004年に裁判所法が改正され、今年の11月から貸与制になる。つまり修了後返済しなければならないから、卒業生は一律300万円程度の借金を負うことになる。日弁連の決議は、これに反対するものだ。

会場では、仙台弁護士会の渡部容子弁護士が、苦学中の友人や、資金が続かず受験をあきらめた友人の話を紹介して、給費制の維持を訴えた。なかなか説得力のある演説で、会場からは共感の熱い拍手がわいていた。

だが給費制の廃止は、6年前に決まったことだ。日弁連はその前年までは反対したが、決まった後は、沈黙していた。反対し続けていたならまだしも、施行直前になって反対の声を上げることに、どんな意味があるのか、私には理解できなかった。11月は半年後だというのに、混沌とした政治情勢の中で、どうやって法改正まで持って行くのか。予算だってすでに決まっているから、給与の原資はもう無い。「科目を流用すればよい」という弁護士もいたが、「貸付金」を「給与」に変更するというのは、「戻ってくるお金」を「戻ってこないお金」に変更し、年70億円ともいわれる国家資産を放棄することである。そんなことが本当にできるのか?

給費制の廃止を主張することには、一定の「リスク」もある。たとえば、法曹に借金を負わせるなというなら、司法研修所を廃止すればよいという議論を呼び寄せる可能性がある。現に2004年8月18日の東京新聞は、「司法修習廃止を視野に入れて」との社説を掲載している。今般の司法改革を主導した弁護士の中には、司法研修所の廃止を強く主張した者がいる(後藤富士子弁護士齋藤浩弁護士など)。この弁護士たちの主張と今回の決議との関係はどうなるのだろう。第二東京弁護士会だって、司法研修所の廃止を提言したはずだ。今回の日弁連決議に、二弁として反対したとは聞いていないが、一貫性があるのだろうか?また、決議の第二項には法科大学院生への支援が盛り込まれていたが、所轄する文科省は大賛成だろう。そのことと、今後宇都宮執行部が取り組む法曹人口問題は、どう関係してくるのか?

私だって、貸与制には反対だ。二年間も給与をもらいながら司法修習させてもらった身としては、貸与制に賛成できる立場でもない。だが、そのことと、今頃になって日弁連として反対の決議をすることとは別だと思う。

給費制維持決議が法改正を目的とする以上、これは政治だ。そして、民主国家における政治とは、相対多数を支配する営為である。政治である以上、時機があり、予算がいるし、優先順位があり、反対給付を求められるしリスクもある。正しいと思う、というだけで決議するのは、仲良しクラブの集会であって、政治ではない。

800人が集まった総会会場の一部には、例によって数十人の反対派が陣取り、反対の討論を行って気勢を上げていたが、全体の空気はとても冷淡だった。特に間違ったことをいっているわけでもないのに、軽蔑されるのは、自分の正義を振りかざすだけで、多数を獲得する努力もせず、内輪で小さくまとまる偏狭さゆえだと思う。しかし、日弁連内では圧倒的支持を受けた決議でも、会場を一歩出れば、同じ軽蔑を受けることがありうる。

総会終了後の懇親会では、司法修習以来という何人もの旧知に会えた。20年ぶりなのに、昨日別れて以来のような口がきけるのは、給費制などのおかげで、修習に集中し、濃密な時間を共有したことの恩恵だ。互いの健康を祝い、悪態をつきあい、昔話に花を咲かせながら、私はとても暗い気持ちだった。(小林)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

「こんな日弁連に誰がした?」をご紹介いただき、ありがとうございました

こんな日弁連に誰がした?」(平凡社新書)をご紹介いただいたブログなどを、整理しました。

マスコミ

l  「中立的な書き方がいい」日経ビジネスAssocie5月4日号 

l  本書で近年の日弁連の軌跡を頭にいれるだけで、つい最近、熱戦が繰り広げられた会長選挙の報道もぐっと身近になる。朝日新聞読

l  主要テーマである法曹人口問題は、日弁が増員圧力に抵抗しながらも戦略ミスを重ね、押し切られていく様子を多数の資料から検証。産経ニース

l  日弁連は、何を間違ったのか。戦後司法史をひもときながら、未来における日本の司法や弁護士のあり方を問う。東洋

弁護士以外の読者より

l  土日を掛けて、ゆーっくり読もうと思ったのですが、あまりの面白さに3時間かけて読破してしまいました勤務社会保険労務 備忘録さん

l  ともかく痛快な本。久しぶりに楽しく読める本に出会えた。幸せな2日間だった。amokisan服用日記

l  「はっきり言って面白すぎ。弁護士ではないが似たような士業に関わっている者として極めて興味深い。今年読んだ新書の中では今のところ一番だ。」hironinさん

l  弁護士会や司法制度改革について興味のあるかたには一読をお勧めする次第であります。ラー教授の問道さん

l  単なる建て前ではなく、弁護士としての真摯な本音から論じられている行政書士開業日記&読書日記・・・そして創業しま!さん

弁護士の読者より

l  おもしろかったです。個人的には、このごろ読んでた戦争ものに通じる何か(理念先行で現実を見ずに敗れ去る・・)を感じました。弁護士ラベダー読書日記さん

l  一気に読めるベージ数で,これを読めば,どうしてこんな状態になってしまったのかという歴史的事実を知ることができます。銀座のマ弁(弁護士遠藤きみのブログ)さん

l  弁護士制度の崩壊についての、まさに素直で的確な分析。関根稔弁護士

l  「日弁連執行部は無謀な戦いを挑み、破れ、そして自らの失敗を隠蔽してきたのだ。その事実を知るだけでもこの本の価値がある。」坂野真一護士

l  衝撃的なタイトルからして反主流派弁護士の扇動ものかと思ったが,読み進めると中立な立場から事実を的確にふまえた同時代史である。高橋一郎弁護士

l  私なら、『日弁連は昔からこうだった』という題名にしたかもしれません。落合洋司

l  日弁連の政治的敗北は,学ぶべき先例に値する長城紀道護士

l  弁護士そのものの存在意義が,失われようとしている気がしてなりません。ちょっと怖い本でもありました。black_penguinさん

l  弁護士同士の過当競争と、弁護士の質の低下による自己崩壊が目に見えています。川原俊明護士

l  事実認定については異論がある点が相当ありますが、この本は実に面白く、刺激的であり、全ての法律家に読んで欲しい本です。この種の本は今までになく、市民にとっても必読書と言えるでしょう!!夢を追い続ける車椅の弁護士吉峯康博さん

ご批判

l  「大変に面白く、刺激的・論争的な本です。ただ、大川真郎弁護士の『司法改革ー日弁連の長く困難なたたかい』と読み比べてみることが必要だと感じました。」水口洋介弁護士

l  著者は議論の現場におらず、あとから本を読んだだけで批判のための批判をしている気がしてなりません。永尾廣久弁護士

l  著者の思いこみ・独断の傾向が強すぎる。夕陽ジュリーさん

l  「左翼系弁護士」という言葉が頻繁に出てくるが、変な誤解を与えないためにも、著者による定義をしてもらいたい。著者の「左翼」に対する蔑視的な感情がかいま見られるようで(私は「左翼」「右翼」とひとくくりにするだけで評価してしまうやり方には反対)、たびたび不快になった。寺本ますみ弁

l  失敗を正視しろということは正しいと思いますが、著者の論調はむしろそれ自体を超えて、人権を声高に叫ぶ弁護士を左翼とレッテル貼りして諸悪の根源という印象を与え、弁護士の大勢が人権問題に無関心な状況を当然視する立場からの日弁連批判の一環として語られているものに思えます。伊東良徳弁

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »