« 米軍研究費の日本流入と武器輸出規制 | トップページ | 介護ロボット開発規制の国際比較 »

2010年9月15日 (水)

もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだだけで甲子園に行けるなら

すいません。根がひねくれているもので、こういう(↑)表題にしてしまったが、正直言って、とてもおもしろかった。私はしかるべきところで笑い、しかるべきところで(不覚にも)泣いた。

この年になると、ドラッガーの言っていることはどれも既知のものであったり、自分の確信を補強するものでしかなかったりするが、それでよいのだと思う。真理とは普遍的で、陳腐なもので、でも時々こうやって指摘してもらわないと、気づかないものだからだ。

最も大事な真理として、「マネジメント」にはこうあるそうだ。「企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。顧客によって事業は定義される。事業は、社名や定款や設立趣意書によってではなく、顧客が財やサービスを購入することにより満足させようとする欲求によって定義される。」

では弁護士会の目的と使命は何だろう。その出発点となる顧客とは何だろう。大変残念なことに、顧客の定義を論じただけで、弁護士会は分裂するだろう。弁護士会が好む「顧客」として「市民」という言葉がある。しかし市民とは何かは、決して明らかにされない。

つまりこういうことなのだろう。ドラッガーのマネジメントには、「何が大事か」は書いてあるが、「大事なことをどうやって決めるか」は書いていない。だから、弁護士会みたいな組織のマネージャーは、ドラッガーを読んだだけでは、甲子園に行けないのだ。

|

« 米軍研究費の日本流入と武器輸出規制 | トップページ | 介護ロボット開発規制の国際比較 »

コメント

「甲子園だけが高校野球ではない」

突然、申し訳ございません。「もしドラ」の岩崎さんの本で、そういう題名の本があるものですから、大変おもしろい表題に反応して、つい言ってみたくなりました。記事の内容も面白く読ませていただきました。

ちなみに「甲子園だけが高校野球ではない」は下の本です。泣けました。(*´v゚*)ゞ

甲子園だけが高校野球ではない 岩崎夏海 監修

投稿: もしドラファン | 2010年9月15日 (水) 14時51分

 このエントリを読み、読んでみました。少し文体がこなれていなかったり、ラノベかと見紛うようなカバーの割に萌え要素がなかったりと残念な点もありましたが、面白かったです。
 そして、やはり考えさせられるのは、弁護士にとっての「顧客」とは何かという点です。その定義が、それぞれの事務所の理念につながるのかもしれませんね。

投稿: yh@63期 | 2010年9月25日 (土) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/49426380

この記事へのトラックバック一覧です: もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだだけで甲子園に行けるなら:

« 米軍研究費の日本流入と武器輸出規制 | トップページ | 介護ロボット開発規制の国際比較 »