« 日弁連の給費制復活運動に関するいくつかのコメントについて | トップページ | 「給費制廃止へ、その裏には何が」(国会編) »

2010年10月24日 (日)

「給費制廃止へ、その裏には何が」

 10月24日のTBS News iは、自民党の平沢勝栄衆議院法務部会長のもとに、22日、「政府内のある幹部から、一本の電話が入った」と報じた。

**************以下引用**************

幹部(吹き替え)「民主党は全然まとまっていない。財務当局も反対だ。(給費制復活は)一部議員の独り相撲だ。」

ナレーション「民主党議員でもあるこの幹部は、あっさりと、党内の声を否定したという。」

平沢「民主党の政策決定はどうなってるんですかね」

ナレーション「自民党は、政府や民主党内で意見がまとまっていないとして、法改正の呼びかけに応じないことを決めた。」

**************引用終わり**************

もちろん、この種の話を頭から信じることは禁物だ。ソースは平沢議員だろうから、同議員の思惑が働いていることは間違いない。

しかし、平沢議員の思惑が働いていることと、この話の真偽は別問題である。

いずれにせよ、この話は、将来の検証を待つべきだろう。ビデオはいずれ消去されるだろうから、備忘としてエントリしておきます。

|

« 日弁連の給費制復活運動に関するいくつかのコメントについて | トップページ | 「給費制廃止へ、その裏には何が」(国会編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/49836608

この記事へのトラックバック一覧です: 「給費制廃止へ、その裏には何が」:

» 司法修習の給費制廃止に反対する [街の弁護士日記 SINCE1992]
千葉日報は、11月15日付で 法律家の卵に「借金の足かせ」  司法修習の給費制廃止との記事を掲載している。 今月から司法修習が始まる柏市の黒沢有紀子さん(26)は「法曹になった時点で約600万円の借金は大きな足かせ」と不安を口にする。法科大学院時代に借りた奨学金が、既に300万円ある。学費は高額で、仲間の間ではごく一般的な額。1千万円近い借金を抱える人もいる。大学1年から奨学金をもらっていた友人男... [続きを読む]

受信: 2010年11月17日 (水) 14時17分

« 日弁連の給費制復活運動に関するいくつかのコメントについて | トップページ | 「給費制廃止へ、その裏には何が」(国会編) »