« 日弁連が総務省に噛みついた!? | トップページ | 人生の大問題を 一人で決めて大丈夫? »

2011年1月29日 (土)

司法試験予備試験、再出願受付

 法務省は28日、法科大学院修了者でも司法試験を受験できる『予備試験』の再出願を受け付けると発表した。「普通の国民」さん、情報ありがとうございます。

 ざっと調べた限り最も詳細な産経新聞ニュースによると、今回が初回実施となる予備試験の受付は昨年12月に終了したが、「旧試験と同じ2月だと思った」との問い合わせが約100件あったため、「(受験)希望者が不慣れなことも考慮し」て再出願受付をきめたという。

 豪雪など予測不可能な事情ならともかく、予備試験の出願時期を知らなかったというのは明らかに受験者側のミスだから、「来年おいで」と冷たく対応する選択肢もあったと思うが、それが再出願受付となった理由としては、

1 上記の問い合わせが無視しがたいほど多かった

2 最初の出願者が予想外に少なかった(産経ニュースによれば7906人)

3 初回なので、受験者の不知を大目に見るべきだと思った

3つの総合判断だろう。

 確かに異例といえば異例だし、将来振り返ったら、2は新たな展開の端緒だった、ということになるかもしれない。

 しかし現時点としては軽々な判断を控えるべきだと思う。ということで備忘のためエントリしました。

|

« 日弁連が総務省に噛みついた!? | トップページ | 人生の大問題を 一人で決めて大丈夫? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/50715431

この記事へのトラックバック一覧です: 司法試験予備試験、再出願受付:

« 日弁連が総務省に噛みついた!? | トップページ | 人生の大問題を 一人で決めて大丈夫? »