« 東京電力は電気供給契約違反による損害賠償責任を負うか? | トップページ | 『パッセンジャーズ』(ネタバレ)と大震災 »

2011年3月26日 (土)

健児に願いを

 325日、静岡県弁護士会杉田直樹副会長の主催する私的な勉強会に招かれ、「こん日」と法曹人口問題、これからの弁護士と弁護士会について、質疑応答を交えて二時間ほど話をした。

 来場者の大半は60期前後。「中坊公平」という名前さえ知らない世代に、どう話をしたら良いのか、迷いながらでもたついてしまったが、弁護士という職業の存在意義は何かを考え、弁護士としての誇りをもってほしいという思いが、少しでも伝わってくれればと願う。

 懇親会では手厚くもてなしていただき、記念に特製のマトリョーシカを頂いた。左から小林(手に持っているのは花水木)、矢口洪一(天秤)、土屋公献(ソ連旗)、中坊公平(ミルク)、宇都宮健児(?)である。小林人形が最大な点はさておき、順番にも辛口のスパイスが効いていて申し分ない。年甲斐もなく感激した。杉田先生と幹事を務めた宇佐美達也、牧田晃子両先生には心からお礼を申し上げたい。

 同封されていた解説によると、マトリョーシカは、一番小さい人形に願い事をして蓋をとじると、どんな願いでも叶うという。

 さて、健児人形に何を願おうか。

Photo

|

« 東京電力は電気供給契約違反による損害賠償責任を負うか? | トップページ | 『パッセンジャーズ』(ネタバレ)と大震災 »

コメント

昨日、お話を伺った給費制の担当をしている者です。
「こん日」を読ませていただき、給費制・貸与制の問題には、根深いものがあると感じておりましたが、ご本人のお話を伺うことができ、大変刺激をいただきました。ありがとうございました。
お話を伺って、弁護士が社会的に有意義な仕事をすることが、遠回りなようで、給費制維持のために近道なのだと感じました。
最近の被災者支援の動きを見ていると、裁判所、検察庁が動けない中、弁護士は被災者支援に積極的に動いております。政府・行政が十分情報発信できない中、震災関係の法律を調査し、法律相談に取り組み、法の支配を実質的なものにすることは、在野法曹でなければできない動きであると思います。
弁護士の方が圧倒的に数が多いので、弁護士が力を合わせると、すごいんだぞというところを見せていきたいと思っております。
今後とも、ご指導くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

投稿: 昨日の出席者 | 2011年3月26日 (土) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/51219251

この記事へのトラックバック一覧です: 健児に願いを:

« 東京電力は電気供給契約違反による損害賠償責任を負うか? | トップページ | 『パッセンジャーズ』(ネタバレ)と大震災 »