« 視野の狭い日本人の織りなす悲劇? 『沈まぬ太陽』(DVD) ネタバレあり | トップページ | 理念を語れ »

2011年5月31日 (火)

「法の支配か 法を支配か」

529日の日本経済新聞朝刊「風見鶏」に、伊奈久喜特別編集委員が、標記タイトルの論考を載せている。

主旨としては、東電管理スキームで銀行に債権放棄を求める枝野官房長官の発言は「法の支配」に反する、とうことのようだ。しかしすでに指摘したとおり、法律もないのに債権放棄を求める枝野発言は確かに「例外」だが、その前提である東電救済スキームが「破綻処理という原則」の「例外」なので、「例外」の「例外」は「原則通り」なのだ。

日経らしいポジショントークはさておくとして、ご紹介したいのは、この論考のネタ元である「世界司法プロジェクト」の掲げる「法の支配」の基本要件である。

  The government and its officials and agents are accountable under the law;

  The laws are clear, publicized, stable and fair, and protect fundamental rights, including the security of persons and property;

  The process by which the laws are enacted, administered and enforced is accessible, fair and efficient;

  Access to justice is provided by competent, independent, and ethical adjudicators, attorneys or representatives, and judicial officers who are of sufficient number, have adequate resources, and reflect the makeup of the communities they serve.

①について、記事によると濱田邦夫弁護士は「政府とその職員及び代理人は、法律に従って責任を問われる。」と翻訳したらしい。だが、「法律に従って責任を問われる」って、どういう意味だろう?この文は直訳では、「政府…の行為は、法律によってのみ説明可能である」、やや意訳すれば、「政府…は、法律に従う義務を負う」とするべきだと思う。

②は「法律が明確で、公表され、安定的、公平であり、人と財産の安全を含む基本的人権を保障していること」である。

③は「法律の制定、施行、適用課程が公開され、公正で効率的であること」である。伊奈編集員は、特に③を論じた。

だが私が注目したいのは、最も長文の④である。直訳すると、「司法へのAccessが、十分な数の、資質に恵まれた、彼らの属する共同体の構成を反映した、資格のある、独立し倫理的な審判者、弁護士、代表者及び司法官によってprovideされること」となる。修飾語を取り払って主語述語だけにすると、”Access to justice is provided”となる。

濱田弁護士は、この部分を「司法制度の利用が担保されていること」と翻訳したが、accessを「利用」と翻訳したことは良いと思う。日本で「司法アクセス」というと、なぜか距離の問題に収斂し、僻地の問題ばかりになってしまうからだ。Accessとは要するに「利用しやすいこと」を意味する。

他方、provideを「担保」と訳したのはいただけない。何より一般市民に分かりにくい。「提供」とか「用意」とか「保障」という言葉を用い、「司法制度の利用が保障されていること」などと訳すべきだと思う。

さて、それで結局④は何を意味しているのかというと、要は、①、②、③に対する司法のチェックがしっかりしていることである。いいかえれば、政府の行為が不正だと思ったら、直ちに司法に訴えて、正してもらえる、ということである。それが”Access to justice is provided”の意味であり、「法の支配」を支える制度そのものである。④が機能しなければ、①も②も③も画に描いた餅だ。つまり④は、4つの中で最も重要である。

枝野発言が法の支配に反するというならそれで結構。銀行は直ちに裁判所に訴えて、その違法であることを確認してもらったらよろしい。それができない国は、法の支配が行き渡っていない、ということになる。伊奈編集員が論じるべきは③でなく④だったのだ。

ちなみに、世界司法プロジェクト加盟国のランキングを見ると、”Access to Civil Justice”10位で、全9要素の中では最下位だ。それほど日本では、司法アクセスが保障されていない、ということになる。

|

« 視野の狭い日本人の織りなす悲劇? 『沈まぬ太陽』(DVD) ネタバレあり | トップページ | 理念を語れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/51809015

この記事へのトラックバック一覧です: 「法の支配か 法を支配か」:

« 視野の狭い日本人の織りなす悲劇? 『沈まぬ太陽』(DVD) ネタバレあり | トップページ | 理念を語れ »