« 御社がモビルスーツを工場に導入する際の法的注意事項(2) | トップページ | ミラーマンが電車に乗れなくなる日 »

2011年6月 3日 (金)

チキンゲームに負けた小沢一郎

所詮床屋談義だが、今回の騒動は、小沢一郎がチキンゲームを挑み、負けたと読む。

内閣不信任案に小沢派が同調の動きを見せたのは、この非常時に解散する選択肢はない以上、首相退陣と予想したからだ。しかし、不信任を突きつけることは、憲法上、総辞職か解散かという選択を強制することだから、解散を選択されても、これを批判する資格はない。解散になれば、小沢派の多くを占める一年生議員の再選はないから、小沢一郎には民主党を巻き込んで自爆した、という結果だけが残る。足下を見た官邸は解散色を強め(天皇の日程調整に着手したのでは?)、勝機無しと考えた小沢一郎が、退却を指示したのだ。

この読みに基づいていくつかの疑問を解いてみると、こうなる。

鳩山・菅の「確認書」は小沢一郎の顔を立てる演出だ(鳩山本人がピエロかどうかは分からないが)。小沢としては、退却の口実として、菅首相が退陣に言及したという「戦果」がほしい。確認書に「退陣」の二文字がない理由はこういうことだ。あとで早期退陣を否定されても、「騙された」と言えばよいし、反攻の手がかりにはなる。

勝機の薄い勝負を、なぜ今挑んだのか。小沢一郎という政治家にとって、権力闘争の目的は、国家予算の配分権を牛耳ることに尽きる。第二次補正予算を含め、今後復興のため巨額の予算(再)配分が行われることが、勝負を挑んだ動機と考える。

これからどうなるか。今回はどちらかと言えば小沢の負けで、傷は深いが、官邸も大きな傷を負った。そこで首相は、早期に内閣の大幅改造を打ち上げ、求心力の回復と小沢派の切り崩し、ひいては大連立または自民党の分裂を目指すだろう。一方小沢派は、あらゆる手段で内閣支持率を低下させ、退陣を求める。つまり政治闘争は、ますますヒートアップする。

この時勢に政局三昧とは何をやっているのだ、という批判は一理ある。しかし権力闘争は政治の本質であり政治家の本能だ。ねじれ国会をはじめとする現政治情勢にあって権力闘争をするなというのは、複数の闘犬をひとつの檻に入れて喧嘩をするな、というに等しい。よい政治とは、権力闘争自体が国益を生む仕組みをいうと考える。

問題の本質は、権力闘争にではなく、権力闘争が何の益も生まない仕組みにこそある。日本人は、この発想がとても不得意だと思う。

|

« 御社がモビルスーツを工場に導入する際の法的注意事項(2) | トップページ | ミラーマンが電車に乗れなくなる日 »

コメント

>>よい政治とは、権力闘争自体が国益を生む仕組みをいう

ううむ。切れ味抜群ですね。
具体的には「権力闘争自体が国益を生む」ためには、政治家もやはり「理念を語れ」ということなのでしょうか?今ならさしずめ菅が「反原発」を旗幟鮮明にするとか。血みどろの戦いになるような気もします。

投稿: 普通の国民 | 2011年6月 6日 (月) 05時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/51843727

この記事へのトラックバック一覧です: チキンゲームに負けた小沢一郎:

« 御社がモビルスーツを工場に導入する際の法的注意事項(2) | トップページ | ミラーマンが電車に乗れなくなる日 »