« 「弁護士5年目で年収二千万超」やらせメールか | トップページ | 『昭和天皇とワシントンを結んだ男』(青木冨貴子 新潮社) »

2011年7月15日 (金)

QUINCE二度目の投入

千葉工業大学のロボットQUINCEが、6月24日に続き、7月8日、福島第一原発2号機に投入された。だが、自力で戻ったもの少なくとも4つの不具合が多重に発生し原因を特定できないことからしばらく使用を見合わせるとのことである

発生した不具合の1つ目は階段状での相次ぐスリップ及び、それに伴う転倒。2つ目は片側のクローラのみに発生した動作不良(メインクローラかサブクローラかは不明)。3つ目はツイストペアケーブルによる通信不良。4つ目はツイストペアケーブルの巻き取り機構の不具合とのこと。

現場の思いつきで掃除機をくくりつけられてものしのし働いている米軍御用達のWORRIARに比べると、残念ながら、実力差は明白と言わなければならない。華奢で繊細な日本のロボットに比べ、なんと適当で、頑強で、包容力に優れているのか。レスキューロボットに求められる技術は何か、そして、レスキューロボットを育てるため必要な環境は何かを、われわれは学ばなければならない。

これは応援の「喝!」である。QUINCEは実験機なのだから、不具合を起こして当然なのである。何度でも失敗して赤っ恥をかき、経験値を積むことが、とても大事なのだ。東電には、どうか今後も投入のチャンスを与えていただきたいと思う。

|

« 「弁護士5年目で年収二千万超」やらせメールか | トップページ | 『昭和天皇とワシントンを結んだ男』(青木冨貴子 新潮社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/52193094

この記事へのトラックバック一覧です: QUINCE二度目の投入:

« 「弁護士5年目で年収二千万超」やらせメールか | トップページ | 『昭和天皇とワシントンを結んだ男』(青木冨貴子 新潮社) »