« 日本で内戦リスクの高い場所 | トップページ | 統一修習と給費制のあけぼの(12) »

2011年9月12日 (月)

日本は衰退する「海の国家」か

『終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか』(水野和夫著 日本経済新聞出版社)を読んだ。

欧米と日本における近代(資本主義)は1970年代に終わっていたと著者は言う。その後の40年間は、「技術への宗教的信仰」に基づいて、無理矢理近代化を推し進めてきた。日本では、不動産価格高騰と、先端技術を駆使した工業製品の高付加価値化によって、アメリカでは、電脳空間における金融商品(=サブプライムローン)の開発によって。

「無理矢理近代化」とは要するにバブルであり、バブルはいつか必ずはじけて、より大きな損失を出す。グローバリゼーションはごく一部に富を集中させるためのイデオロギーであり、中間所得層を没落させるだけだ。だから、「失われた20年」を近代化の推進によって解決することは間違いであり、しかも、他国の先駆けである日本は、欧米に範を求めることもできない。

近代の終焉という終わりなき危機の時代においては、英米や日本という、交易を支配する「海の国」から、これに遅れを取っていた中国など、資源を産出する「陸の国」への権力移行が進行するだろう。

乱暴に要約すると、こんなところだろうか。細かい突っ込みどころはいろいろあるが、全体としては、素人の私には新鮮な指摘が多く、知的好奇心を刺激する良書だと思う。また、法律家としては、発展した資本主義によって、中間層が没落し、民主主義が機能不全に陥るとの主張がこたえた。

著者に一つだけ質問できるなら、「陸の国家」はこれからどうなるかを聞きたい。始めから資源が乏しいイギリス、オランダ、日本等の「海の国家」と異なり、最初「陸の国家」だったアメリカは、第一次世界大戦後、海洋覇権国家になった。このように、「陸の国家」は、自己完結してもそれなりに幸福だが、富への限りなき欲望は、「陸の国家」を「海の国家」に変貌させる。そうだとするなら、「陸の国家」の代表となる中国とロシアは、今後「海の国家」に変貌することになる。おりしも中国は、初の航空母艦を建造して太平洋への欲望を隠さず、ロシアは8日、戦略爆撃機が日本を一周したばかりか、9日、24隻の軍艦が宗谷海峡を通過して太平洋に進んだ。いずれも、極めて異例という。

つまり、アメリカとともに衰退する「海の国家」である日本は、日本海と東シナ海を挟んで、勃興する「陸の国家」2国と対峙することになる。このことは、われわれに、どのような影響を与えるのだろうか。また、地政学的にその中心にある朝鮮半島は、台風の目になるのだろうか。

|

« 日本で内戦リスクの高い場所 | トップページ | 統一修習と給費制のあけぼの(12) »

コメント

とっても興味深く拝見しました。私の考えでは、ロシア、中国は
百年単位でないと海洋国家には転化できないと思います。
海軍大将で大角人事で不運にも予備役に編入された山梨勝之進は創設まもないころの防大の講義でアメリカはイギリスなどのアングロサクソンは、フランス革命当時から海軍を外洋で運用する伝統とノウハウがある。大陸国家のフランス、ドイツは陸戦では強いが(ナポレオン、クラウゼビッツなど)海軍運用では沿海での運用実績しかない。と書いてます毎日新聞社編「歴史と名将」
日本も、戦闘に限れば実は大陸国家と似たようなもので、勝てたのは日本海海戦ぐらいで近海での運用実績がほとんどです。先の大戦では、太平洋各地でやられたことのほうが多かったですよね。
半藤一利さんの本ではNAVYとMARINEという概念で説明してますが、
アングロサクソンなど英米法系の腹黒さと遠洋での運用実績では大陸法系の国は経験値が圧倒的に不足してます。なのでなかなか中露は七つの海で暴れることは難しいでしょう。
当面は中国は日本と東南アジアの脅しの手段として運用するのではと思います。アメリカの近代的外洋運用の元ネタはアルフレッド・マハンの海上覇権論によるところが大きいです。


投稿: 松尾 | 2011年9月21日 (水) 18時34分

コメントをありがとうございます。確かに7つの海で覇権を競うのはずいぶん先でしょうが、中露にとっては当面、ユーラシア大陸東岸(オホーツク海、日本海、東シナ海、南シナ海)の覇権が獲得できれば良いのでしょう。特に日本海は、中露がせめぎ合う主戦場になると思われます。このとき、日本と朝鮮半島はどうなるのでしょうか。日清・日露戦争同様の争いが繰り広げられるのでしょうか。

投稿: 小林正啓 | 2011年9月21日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/52704858

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は衰退する「海の国家」か:

« 日本で内戦リスクの高い場所 | トップページ | 統一修習と給費制のあけぼの(12) »