« 株主は、もっと怒るべきだ | トップページ | 行政不服審査法の見直しについて »

2011年11月21日 (月)

本能寺が変

「蘭丸どうした。血相を変えて」

「殿、敵の軍勢に囲まれております」

「何だと。敵の旗印は」

「桐のご紋。明智光秀殿の謀反にございますっ」

「違うぞ蘭丸。明智の旗印は桔梗じゃ。桐は法務省。隣の羅針盤の旗印は文科省だ。役人どもめ、裏切ったな。」

「では、あの切支丹の十字架のような旗印は」

「秋霜烈日。検察官の紋じゃ」

「その隣に見えますは、お皿に『裁』の字」

「お皿ではないぞ。あれは『八咫鏡(やたのかがみ)』と言って三種の神器の一つじゃ。裁判所も敵に回ったか」

「割れた朝日」

「仲間割れした朝日ともいう。民主党の旗印だ」

「緑と青色の宇宙人」

「自民党も敵方か。陳情は徒労であった。なぜ泣く」

「行政も司法も立法も、全部敵とは」

「片腹痛いわ。全部が敵でも、正義は我らにあるのじゃ」

「遠く彼方には、大軍勢が見えまする。旗印は、紅白の縞模様に星空」

「あれはめりけん国じゃ。『てーぴーぴー』という妖術を使って、我らを葬る気だ。羽柴秀吉と柴田勝家はどうした」

「羽柴様は、西で山岸殿と、柴田様は、東で尾碕殿と合戦の真っ最中かと」

「援軍がなければ、二人で戦うしかない。絶体絶命だが、ついてくるか」

「殿とは一蓮托生。死装束にと、これを着て参りました」

「おお、水色のTシャツか」

「今生のお別れでございます」

「いや、貸与金の返還が始まる五年後までに生き返って、再び戦うのだ。斬り込むぞ蘭丸!」

|

« 株主は、もっと怒るべきだ | トップページ | 行政不服審査法の見直しについて »

コメント

 黒幕と目される財務省は最後まで表に出ませんでしたか。
 しかも、掲げる旗印すら持たないとは、彼らは端から表に出る気はないということなのですね。

投稿: なしゅ@東京 | 2011年11月21日 (月) 18時20分

おっ 鋭い。
でも本当は、法務省と区別が付かなくてややこしかったからだったりします。ちなみに法務省は五三の桐で、財務省は五七の桐だそうです

投稿: 小林正啓 | 2011年11月21日 (月) 18時37分

「殿、新兵の士気が低下しております。新兵の一部が、続々と敵に寝返っております。」


「奴らは、我々が支援した法科大学院で鍛錬された新兵ではないか。なぜだ!!」


「敵は本能寺にあり。我らを散々弄んだ総本山をすべて焼き払え!!」

投稿: @ | 2011年11月22日 (火) 00時34分

「黒幕」財務省の旗印は五七の桐なんですね。てっきり旗印はないのか、めりけん語の呪文(M・O・F)を書いたサイコロなのかと思っていました。

投稿: 佐藤 | 2011年11月22日 (火) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/53288679

この記事へのトラックバック一覧です: 本能寺が変:

« 株主は、もっと怒るべきだ | トップページ | 行政不服審査法の見直しについて »