« 裁判官よ、腹が減ったら飯を食え。 | トップページ | プライバシー保護後進国ニッポン »

2012年4月11日 (水)

北朝鮮「ミサイル」を正しく怖がることについて

しょせん素人の床屋談義だが、最近の北朝鮮「ミサイル」発射実験への自衛隊の対応とその報道は、なんだか変だと思う。

報道によれば、北朝鮮が打ち上げる予定なのは「人工衛星」ではなく「ミサイル」であり、それが予定進路を外れて日本に落下する場合に備え、イージス艦とパトリオットミサイル部隊を配備したという。イージス艦は3隻が東シナ海と日本海に、パトリオットミサイルは沖縄本島、宮古島、石垣島のほか、東京市ヶ谷の防衛省、陸上自衛隊朝霞訓練場、習志野演習場に配備された。

しかし、「人工衛星ではなくミサイル」という言い回しは変だ。私の理解によれば、「人工衛星」とはロケットの「積荷」のことであり、「ミサイル」とは、「爆弾を積荷とするロケット」のことだ。だから、「人工衛星ではなくミサイル」という言い方は不正確だし、そもそも今回のロケットは弾頭に爆弾を積んでいない(そりゃ北朝鮮がなんぼアレな国でも、弾頭に爆弾は積まないでしょう)のだから、「ミサイル」ではない。

これに加えて変なのは、パトリオットミサイルの要否と配備場所だ。今回のロケットが日本領土に落下するのは、事故が発生した場合に限られる。事故が起きれば北朝鮮は自爆させるはずだし、韓国軍や在韓米軍、東シナ海と日本海に展開する米軍が撃墜を試みるだろう。つまり、パトリオットミサイルの出番は、①ロケットが進路を外れて日本に向かい、②自爆装置が故障し、③韓国軍と米軍がともに撃墜に失敗した場合に限られる。この条件をことごとく満たして「ミサイル」が日本領土に落下する確率は、ものすごく低い。

そうだとすると、次に分からないのは配備場所だ。今回の「ミサイル」に事故が起こった場合、日本の何処に落ちるかは全く分からないのだから、せいぜい半径30㎞しか守れないパトリオットミサイルは全く無力であり、東京と沖縄にだけ配備する意味は何もない。百歩譲って首都防衛の重要性は認めるとしても、なぜもう一箇所が沖縄なのか。しかもなぜ宮古・石垣島にまで配備するのか、意味不明だ。今回の「ミサイル」が宮古島を直撃する可能性は、たぶん、時々落ちてくる古い人工衛星が宮古島に落下する確率と同程度だろう。要するに、無視しても良い確率だと思う。

このように考えてくると、イージス艦とパトリオットミサイル配備の目的は、北朝鮮の「ミサイル」に対抗することではない。おそらく、その意味するところは第一に、日米韓合同の軍事演習であり、仮想敵国は中国だ。第二に、日米共同して沖縄県民を守るというアピール、すなわち広報活動である。

この仮説に立てば、中国が北朝鮮の説得に消極的なことにも合点がいく。中国から見れば、自国の軍隊を動かさずに、仮想敵国(日米韓)軍のミサイル対応能力を観察できる好機だからだ。いま東シナ海では、日米韓中ロによる熾烈な情報収集合戦が展開されているのだろう。

いずれにせよ最も変なのはマスコミの対応である。どれも判で押したように「ミサイル」の脅威をあおるだけ。フクシマを経験している我々は、「正しく怖がる」ことの重要性を理解したはずではなかったのか。

|

« 裁判官よ、腹が減ったら飯を食え。 | トップページ | プライバシー保護後進国ニッポン »

コメント

ttp://obiekt.seesaa.net/

週刊オブィエクトという
国内有数の軍事に関する個人ブログが
今回の件をまとめています。
しっかり勉強してください。

ちなみに
弁護士というのは、
弁護する際、
資料などを読み込まなくても
できる簡単な仕事なんですかね…

投稿: 軍事勉強中 | 2012年4月14日 (土) 22時43分

軍事勉強中さん

あなたはいったい何が言いたいんですか?

軍事については「しょせん素人の床屋談義」だと書いてありますよね。
この記述は弁護士が素人感覚でマスコミの対応について述べただけですよ。しかも仕事としてやっているのでもなければこの記述で誰のことも弁護してませんよ。
それとも弁護士は専門分野以外の事項に関して自身のブログ等で意見を表明してはいけないのでしょうか。あるいはすべてについて専門的でなければならないのでしょうか。もちろん違います。

マスコミはあなたのような軍事オタクだけではなく、軍事について素人である弁護士を初めとした一般人が、少なくとも間違った理解をしないような言葉遣いないし説明をすべきであり、それがマスコミ報道における情報伝達の正確性でしょう。
「人工衛星ではなくミサイル」という言い方は例え仮にそれが専門家にとって正しい言い方だとしても、一般的な理解としては「おかしい」と言っていいと思います。人工衛星が勝手にそれ自体で大気圏の外へ飛んでいけるとは誰も思ってませんから。配置場所に至ってはその適否についてほとんど全く触れられていなかった気がします。マスコミもわからなから敢えて触れなかったのか、問題意識すら抱かなかったのかはよくわかりませんが。

私は民放各社を初めマスコミは言葉の正確性に常に注意を払わなければならないという問題意識を持ってすらいないのではないかということに危惧を感じます。そんなことを疑われる時点で職責を果たしていないというべきです。

以上のことからすれば、あなたはこんなところで軍事につき素人の弁護士に嫌味を言うのではなく、仕事をしていないマスコミに対して文句を言うべきです。

念のため言っておくと、私は弁護士でもなく時々このブログを眺めるだけの傍観者です。なのでほっておこうかと思いましたが、あまりにもコメントが的外れすぎる。せっかくインターネットを介した意見交換が可能で便利だとしても、こんなコメントが寄せられるならば、やはりネット上でのコミュニケーションは実質的には不可能だと思わざるを得ないですね。

投稿: | 2012年4月16日 (月) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/54442866

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮「ミサイル」を正しく怖がることについて:

« 裁判官よ、腹が減ったら飯を食え。 | トップページ | プライバシー保護後進国ニッポン »