« 弁護士資格が邪魔になる時代 | トップページ | 弁護士会館地下に活断層 »

2013年1月15日 (火)

生徒諸君、体罰教師を現行犯逮捕しなさい。

本来日弁連が言うべきことだが、なぜか言わないので、このブログに記す。

学校において、教師が生徒に体罰を加えることは、疑いなく犯罪である。

殴れば暴行罪だし、怪我をさせれば傷害罪だ。体罰の結果、生徒が自殺すれば、傷害致死罪に問われる可能性すらある。また、たとえば試合に負けた罰として校庭を何周もランニングさせる行為は、程度次第では強要罪になる。

犯罪である以上、生徒が現行犯逮捕すればよい。それが体罰を根絶する最も有効な方法なのに、大人は誰もそう言わない。なぜだろう。

教師の体罰を正当業務行為として適法化する根拠は、日本には存在しない。学校教育法11条は、「体罰を加えることはできない」と明記して禁止している。

体罰が疑いなく犯罪であることは、裁判例でも同様だ。「教員の生徒に対する殴打は、懲戒行為としてする場合でも、そのゆえに暴行罪の成立を阻却するものではない。」(大阪高裁昭和30516日)、「高校教員が生徒に対し体罰を加え死亡させた事案につき懲役三年の実刑が言い渡された事例」(水戸地裁土浦支部昭和61318日判決)、など、枚挙に暇がない。金沢地裁昭和62826日判決は、「たとえ教育上の指導のための行為であっても、体罰が許されないことは、学校教育法11条に明記されているところであり、被告人が被害者を殴打した行為は、往復びんたを手加減することなく4回加えたというものであって、このような暴行を加えることは、その意図の如何を問わず、同法条にいう体罰にあたると解されるから、これが違法な行為であることは明白」と明言している。

体罰が犯罪である以上、現行犯は逮捕することができる。現行犯逮捕は、警察官でなくてもできる(刑事訴訟法213条)。学校の生徒でも現行犯逮捕が可能だ(小学校児童はやや疑問だが、中高生なら現行犯逮捕能力があるとみてよい)。暴行を受けた生徒である必要はない。現行犯を目撃すれば、誰でも逮捕できる。

逮捕のやり方は簡単で、「逮捕します」と告げるだけでよい。拘束する必要も、手錠をかける必要もない。逮捕の正当性について、教師や学校と議論する必要も一切ない。逮捕したら、授業中でもよいから、直ちに警察に通報して、警察官に教師の身柄を引き渡す(刑事訴訟法215条)。あとは警察が処理してくれる。

重要なのは、暴行の様子を携帯電話で撮影するなどして、必ず証拠を残すこと。体罰を受けた生徒が協力してくれるなら、直ちに暴行の痕を写真に撮って、医者に連れて行き、診断書を書いてもらう。あとで暴行を否定されないためにも、不当逮捕と言われることを避けるためにも、証拠化を忘れないようにしよう。携帯電話を取り上げられデータを消される危険があるなら、直ちにインターネットにアップロードしておく。

体罰か、そうでないかの境目の問題はある。裁判例でも、「中学校の教師が平手及び軽く握ったこぶしで生徒の頭部を数回軽く殴打した行為について、学校教育法11条…によって認められた正当な懲戒権の行使」にあるとして無罪を言い渡したものがある(東京高裁昭和5641日。なお一審は有罪)。生徒諸君は、この裁判例を参考に、どこからが違法な体罰に当たるのか、考えてほしい。考えた結果、体罰だと確信するなら、堂々と、体罰教師を現行犯逮捕してほしい。それが、法治国家における国民の責務なのだから。

なお、体罰をめぐる議論として、「韓国や英国など、教師の体罰を認めている国もあるし、日本でも、一定の体罰は認められるべきだ」という意見もある。この意見は、「一定の体罰を認めるよう法改正すべきだ」という立法論なら、傾聴に値するが、現行法を前提にして「日本でも、一定の体罰は認められるべきだ」と主張するなら、明らかに間違いだ。日本の法律は、体罰禁止を明記しているからである。日ごろコンプライアンスだの法令遵守だの言っている大人にして、法感覚はこの程度だから、生徒諸君は、眉につば付けて聞いた方が良い。繰り返すが、現行法下では、体罰は明らかに犯罪である。

生徒諸君は知らないかもしれないが、日弁連は、「法の支配を社会のすみずみに」をスローガンにして、日本を法治国家として一人前にするよう、血を吐くような努力を続けている。この「すみずみ」には当然学校も入る。学校だけが暴行罪や傷害罪の適用を受けない、などという「治外法権」は、あってはならない。だから、暴力教師を現行犯逮捕したため、さらに暴行されたとか、退部・退学させられたとか、不当に低い成績を付けられたとかいう生徒がいるなら、迷わず日弁連に相談してほしい。日弁連は、君たちを助けてくれるはずだ。

|

« 弁護士資格が邪魔になる時代 | トップページ | 弁護士会館地下に活断層 »

コメント

座布団10枚!

投稿: 匿名弁護士 | 2013年1月21日 (月) 11時28分

日本の教育現場に、真の人権教育がなされていない現実があるので、先生の理念(理想)は絵空事にどこまで行っても
なってしまう事に無念さのみがつもります。本当に現行犯逮捕を主張する中学生(高校生、小学生)が現われてくればと
願っております。、、、、知識否知恵否人としての叡智を人間はどのように身につけていく事が可能なのでしょうか?

投稿: れいこ | 2013年1月23日 (水) 22時39分

子どもが転校先で定年まじかの体罰教諭に遭遇した経験があります。

はじめの直接的被害者は、わが子ではなかったのですが問題を公にしていく段階で最終的にわが子が学校に行けなくなりました。

その際学んだ事は

*校長と担任教諭および父兄に体罰に対する正しい認識がない。
 また子どもの人権などという意識はまったくない。
*学校側は全力で「問題は子ども側にある」とするための情報操作をしてくる。

 という悲しい現実です。ですので、証拠は何よりも大切です。
 小学校低学年の子どもの発言は軽くみられがちですが、それでも日々の学校での出来事の記録は有効だとおもいますがいかがでしょうか?

 またその時の校長も担任教諭も体罰容認という点をのぞけば、いたってまじめな普通の方々でした。
 ですので、なおさら現在の教育関係者の常識のズレに違和感を覚えます。

 

 


投稿: 花子 | 2013年1月29日 (火) 16時28分

通報を受けた警察がまじめに相手にしてくれますかね?
いじめも犯罪ですが、事情は同じでしょう。

投稿: | 2013年2月 3日 (日) 19時06分

警察が相手にしてくれるかどうかは、起訴するかしないかだとおもうのですが・・・

投稿: 花子 | 2013年2月 9日 (土) 15時13分

悲しいことですが、警察は学校と一体ですし、体罰は違法と国民の大半は思っていません。文字で書かれた法律が守られなければいけないものだと、国民の大半は思っていません。
おっしゃられている判例のかげに、多くの体罰当然事例があることは理解されているところと思います。
仮に携帯で撮影したり、警察に電話したりすれば、その子供が酷い目にあいます。我が国はそうした国なのです。

「法治国家」について、どの様にお考えかをうかがいたいものです。

投稿: | 2014年4月28日 (月) 07時37分

自信を持って書きますが、警察も学校もまともに相手にしません。もちろん日弁連もです。相手にしたら、まともな大人とは言えません。
わかりやすく児童生徒が自殺でもすれば、と書きたいところですが、仮に自殺をされた場合、学校や教育行政は全力で学校は悪くないキャンペーンをします。残された家族をも納得させてしまう事を目指すわけですが、納得させられなくても黙らせるところまでは通常できます。もちろん普段から懇意にしている弁護士先生の指導も受けながらです。
それらが失敗した例外がマスコミの騒いでいるケースですが、それでも大半のケースで行政側は負けていません。いわんや騒いだ子供がいい目に合う事は決してありません。
これが現実の社会というものです。

投稿: 行政職員 | 2016年5月 1日 (日) 08時43分

昭和の頃(平成に入る数年前)に中学生の立場で当時、体罰教師(体育教師)に理不尽な暴力を受けた物です。  

当時、いわゆる地元で一番多いとされる程、不良生徒が多い中学であり、人格的に異常な体罰教師が数人はいました。 

まず、当時の体罰教師というのは、不良生徒への見せしめの立場という感じで、大人しい生徒や意味のない事でも平気で日常的に体罰をしていました。(連帯責任という非常に理不尽な体罰もありました。)

先輩が体罰教師からシューズで殴られて出血している姿も見かけています。

他に、暴走族の授業妨害(対策は体罰教師が竹刀で振り回す。)や職員室は教師のタバコ煙で常に充満やガラスを割られて新聞に載るのも多いという、現代ではあり得ない異様な状態でした。 

このような体罰教師は,仮に担任になると不良生徒には卒業後の進路指導は適当に無視が当然のように行われ、成績上位の生徒のみ、まともに対応ぐらいでした。

当時、自分も含めて真面目な生徒も相当に影響されて、授業や勉強に集中出来ない状態が、かなり多くありました。

当時の時代背景(生徒への人権が今程ではない。)もあるとは思いますが、自分の頃の自分の中学の状態は相当に酷いと思う中学の状態でした。

ほぼ確実に、このような事は相当なトラウマとして一生、消えないでしょう。

当時の生徒に自分と同じ思いの方は確実にいると思います。

人生でも大事な時期の大変な理不尽な事で、勉強の面でも多くの妨害や影響を受けていますので、謝って済まされる内容ではないと思います。

数十年前の昭和の時代の事でも法律で当時の体罰教師を何とか処罰出来ないかと今でも思います。

投稿: 匿名 | 2016年6月 4日 (土) 03時05分

ミニバスケットボールチームに子どもが入っており、試合や合宿で女子の動きがコーチの納得できるものではなかったので、全員髪の毛を反省のために切れと言われました。
これは、犯罪になりませんか?騒げば、子どもにとばっちりが行くので、我慢せざるおえない状況です。保護者で結束しようにも、自分の子どもだけは助けたいと保身に走り、コーチにすり寄る親がいて、結束できない感じでいます。

投稿: ミニバス | 2016年9月 4日 (日) 22時14分

形式的に法律として定められていれば必ず有効というものではありません。社会にそれを守ろう、あるいは守らせようといった合意があって、はじめて法律としての内実を持ちます。体罰禁止規定は法律としての内実の無い典型例です。上で書かれている学校教育法11条の規定は学校教育法制定の昭和22年から変わりなくある条文です。ですから、少なくとも昭和22年以降、今日までずっと体罰は禁止されてきました。しかしいつでも「今どきの先生は甘い。昔はもっと体罰があった。教育に体罰は必要だ。」と現場レベルで体罰は肯定され続けています。例外的な判例を上では挙げられていますが、日本の教育現場において教員の裁量で体罰は行われている事は誰もが知ってのとおりです。だからこそ日弁連はこの常識と法文の文言解釈の狭間で常識的対応をしているのです。もし体罰をしている先生に対し、学校の定めたルールを無視して持ち込んだ携帯で撮影する様な児童生徒がいたとして、この児童生徒を擁護する非常識が日本の社会で通用するでしょうか。司法判断も結局はその時の社会常識を反映します。日本では体罰は実質適法になっているのです。

投稿: | 2016年9月19日 (月) 12時20分

体罰の結果、生徒が自殺をした、という事例。大阪バスケット部の事例が最近は有名ですが、昔まで遡れば、まして人々の記憶からは薄れたケースまで(その気になって新聞記事等で探せば出てきます。ネット検索でも出てきます。)含めれば数はそこそこあります。その中の1例であっても傷害致死に問われた事例などありません。体罰が違法と言う主張はパチンコが賭博罪に該当するという主張と同じくらい正しく、同じくらい現実の社会を無視して間違っています。

昭和の時代は今と違って体罰がまかり通っていたと言う人がいます。きちんと目を開けて見てください。戦後の昭和の時代より今の時代の方が世の中は右翼化し、格差が拡大しています。処罰より更生を優先させる少年法の理想を掲げていたのが戦後昭和の時代。平成の今は更生よりも処罰、立場の弱い少年が殴られる事に多くの大衆が溜飲を下げている時代です。昭和の頃も当時の大人は「昔の先生はもっと殴り、児童生徒は感謝していた。今どきの先生は甘すぎる。」などと言っていました。大人の言い方はいつの時代も変わっていません。

どの時代の先生も、法律が体罰を禁止している事など十二分に御承知です。だから「殴る先生の手の方がずっと痛い」「これは指導であって体罰ではない」「生徒を思っての行為が認められるのは当然」といった言い訳を昔から繰り返し言ってきました。で、文科省もそうした言い訳を認めています。文科省公式ホームページで児童生徒の鼓膜を破き骨を折った教師が減給10分の1、1か月といった統計を掲載しています。ちょっとやりすぎちゃったから処分といった感じです。もし、これが禁止されている体罰、いわんや暴行傷害としたら、学校や教育委員会には刑事告発をする義務があります。そして教員を信用失墜行為をしたとして懲戒免職にしなければなりません。しかし「それには該当しません」と間接的ですが文科省自身が認めているのです。これが平成の今です。

インターネット社会では誰もが意見の表明を容易にできます。弁護士先生の確かに一見もっともで理想にあふれる意見。知的能力は大人と変わらず、しかし人生経験には欠ける中高校生がこれを読み、そして、この共感しやすい意見を、もし本気にしてしまったら。
人生における失敗は必ず取り返しがきく、とは限りません。むしろ多くの場合、その失敗は失敗として残りの人生に影響を与え続けます。ネットの無責任な意見で大切な人生に傷をつけないことを祈ります。

投稿: | 2016年12月23日 (金) 23時53分

私立高校でも可能ですか?
録音などは証拠として価値はありますか?

投稿: あ | 2017年1月11日 (水) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/56542451

この記事へのトラックバック一覧です: 生徒諸君、体罰教師を現行犯逮捕しなさい。:

« 弁護士資格が邪魔になる時代 | トップページ | 弁護士会館地下に活断層 »