« 内藤頼博の理想と挫折(20) | トップページ | 内藤頼博の理想と挫折(21) »

2013年3月 4日 (月)

司法試験受験生、UFOに拉致される?

515日、司法試験受験会場に向かう途中の受験生数十名が、全国各地で何者かに拉致され、数時間後に釈放された。健康上の被害は確認されていないが、いずれも司法試験を受験できなかった。

被害者の一人である丼上正仁さん(35歳、仮名)は、「試験会場まであと100メートルというところで、突然口をふさがれ、意識を失った。気がつくと自宅のベッドに寝ていたが、半日経っていた」と語った。

丼上さんは法科大学院を卒業した後、5年になる。「今年で受験資格が無くなるので、自信はありませんでしたが、最後の挑戦をするつもりでした。こんな結果になって残念です」と悔しがる。

犯人については、「心当たりがある」と丼上さんはいう。願書を出したあと、出身法科大学院に呼び出され、受験を断念するよう執拗に説得された。「説得に応じなかったから、強硬手段にでたのでは?」と語る。

司法制度改革によって全国に誕生した法科大学院だが、就職難などから志願者が激減し、大半が定員割れに陥っている。文科省は、ここ3年の司法試験合格率を基準に法科大学院の統廃合に乗り出すことになった。すると、卒業生に試験の受け控えをさせて合格率を上げようとする法科大学院が出てきたため、文科省は受け控え強要の禁止を通達している。

丼上さん出身の法科大学院は、本紙の取材に対し「受け控えの強要などしていないし、拉致などもってのほか」と回答した。しかし、同院の教授(61)は匿名を条件に取材に応じ、「丼上君は模擬試験の結果も最低ランクで、(司法試験の)合格可能性はゼロだった。本校出身の今年の受験生は丼上君をいれて5人。一人で2割も合格率が変動するときに、受かる気もないのに受験して合格率を下げ、母校を潰す気か」と怒りをあらわにした。

丼上さんは再受験を申請する予定。しかし、司法試験を管轄する法務省は「単に寝過ごしたのを拉致されたと弁解しているのではないか」とにべもない。

しかし、現場に偶然居合わせたロシア国営放送カメラマン撮影した映像によると、不鮮明だが、受験会場に向かって歩く丼上さんの背後から、銀色の物体が高速で近づき、一瞬で丼上さんを内部に引きずり込む様子が確認できる。丼上さんはこの映像を証拠に、拉致されたと主張していく考えだ。

映像を見た日弁連評論家の小林正啓弁護士「これは宇宙人が存在する決定的な証拠です!」

注;本エントリはフィクションであり、実在の個人・団体と一切関係ありません。

|

« 内藤頼博の理想と挫折(20) | トップページ | 内藤頼博の理想と挫折(21) »

コメント

ワレワレハ ウチュウジンダ.

投稿: プロフェッサー ギル | 2013年3月 4日 (月) 14時53分

ブラックさが気に入りました(拍手)。
そういえば、受け控えを一切「指導」せず、「規模にしては合格者が少ない」と補助金をカットされ、廃校を決意したローもありました。十分ブラックな現実がすでに出現しております。

投稿: 一(弁護士) | 2013年3月 7日 (木) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/56881840

この記事へのトラックバック一覧です: 司法試験受験生、UFOに拉致される?:

« 内藤頼博の理想と挫折(20) | トップページ | 内藤頼博の理想と挫折(21) »