« 米NSA、日弁連会長の携帯電話を盗聴していなかったことが判明 | トップページ | 三権分立ではなく三権対立である »

2013年10月30日 (水)

明日の日弁連…

「ご隠居先生、お久しぶりです。裁判所の帰りに寄りました」

「熊君か。面白い話でもあったかい」

「いやね、おとつい、『明日の日弁連』がなんちゃらという会に行ってきましてね」

「『築く会』だろう?」

「それそれ。で、パンフもらって偉い人の話を聞いたんですがね。えらく過激ですね」

「パンフレットはうちの事務所にも来たが、過激だったかな?至って平凡だったように思うが」

「最初から、こうですわ。『アクセス障害はない』。もう、どこ探しても、お客さんになってくれる人はいないらしいです」

「そんなこと、書いてあったかな」

「二番目が、『若手弁護士はのたれ死に』、三番目が『法曹養成制度は破綻』。すごいでしょう?で、最後が『弁護士自治の崩壊』ときたもんだ」

「私に来たパンフレットとは全然違うみたいだが、どこに行ってきたって?」

「だから、その『明日の日弁連』がどうしたという会ですよ」

「そのパンフレットを見せてごらん。どれどれ…これはひどいな。」

「どうしました?」

「よく読んでみなさい。これは『明日の日弁連に気付く会』のパンフレットじゃないか」

「あたしゃてっきり『明日の日弁連を築く会』かと」

「ややこしいね。すると来年の選挙は、『築く会』と『気付く会』の戦いになるのかね」

「もう一つできるらしいですよ」

「なんて名前だい?」

「傷つく会」

このエントリはS.N.弁護士のアイデアを拝借したものです。この場を借りてお礼を申し上げます。

|

« 米NSA、日弁連会長の携帯電話を盗聴していなかったことが判明 | トップページ | 三権分立ではなく三権対立である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/58479039

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の日弁連…:

« 米NSA、日弁連会長の携帯電話を盗聴していなかったことが判明 | トップページ | 三権分立ではなく三権対立である »