« 内藤頼博の理想と挫折(47) | トップページ | 内藤頼博の理想と挫折(48) »

2013年12月 1日 (日)

ビッグデータのハラールについて

ハラールとは、許された、という意味のイスラム語である。

イスラム教では、禁忌とされる豚肉以外の食材でも、その解体などに一定の作法が要求されており、この作法に則って処理されなければ、食べることを許されない。しかし、一般消費者から見れば、特にイスラム圏外の場合、その食材がイスラムの戒律に従って処理されたか否かは分からない。そこで、イスラム教徒向け店舗では、食材にハラールのマークが印字されていて、安心して購入できるようになっている。ハラールを偽装した業者は厳しく罰せられるが、偽装を知らずに食しても、アラーは寛容だと、コーランに明記されている。

つまりハラールは、食の戒律と取引安全の両立を実現する、優れたイスラムの知恵である。

一方、ビッグデータとは、日々どころか毎秒ごとに生成される(Velocity)、様々な種類(Variety)の、かつ、多量(Volume)のデータであり、その統合や分析がビジネスチャンスを生むと期待されている。そのため、自ら集めたビッグデータだけでなく、他社の保有するビッグデータを流通させて自社データと融合したいという市場の要求が日々高まっている。だが、ビッグデータには往々にして個人情報が付着しており、そのまま流通させたのでは違法になってしまうから、ビッグデータは、匿名化の処理を施さなければ流通させることができない。

しかし、ここで問題が生じる。どの程度匿名化すればよいのか、分からないのだ。これには二つの理由があって、ひとつは個人情報保護法の規定の曖昧さである。しかも、政府委員会も「実質的な匿名化が必要」だの「適切な匿名化措置」などというばかりで、何が実質的で何が適切か、さっぱり分からない。もうひとつは、十分に匿名化したとしても、国民大衆の不気味感は払拭できないという点だ。この不気味感は感情の問題なので、理屈では説得できない。

いいかえると、事業者も国民大衆も、適切な匿名化とは何かという具体的基準を持たず、ましてや、適切な匿名化を施したことを確認する術を持たないので、相互不信だけが増幅されていくのである。

そこで、ビッグデータのハラール、という制度のアイデアを提案してみたい。

まず、ビッグデータを流通に置くため必要な“戒律”を定める。すなわち、データセットから削除するべき情報(たとえば、氏名や電話番号)を、あらかじめ定める。この定めは,個人情報保護法に依拠して行うが、肝心なことは、「実質的」とか「適切」などという曖昧な定めではなく、解釈の余地がないほど具体的である点だ。

次に、戒律に従って処理されたビッグデータについて、事業者は“ハラール”を付することを許される。ハラールの付されたビッグデータは、プライバシー上安全とされ、自由な取引が可能になる。事業者は、戒律を守っている限り責任を問われない。ごくまれに、他のデータとの照合などによって特定の個人が識別されてしまうことがあるかもしれないが、事業者に故意がない限り、責任は問われない。

もちろん、戒律は定期的に改訂され、情報技術の進化をフォローアップしていく。

誰が“戒律”を定めるかというと、信用に値する団体であれば、何でも良い。一番簡単なのは、産業界内に第三者機関を設けることである。類似した例としては映画倫理委員会(映倫)がある。プライバシーマークに似た制度を設けてもよいし、ISOの規格を立ち上げてもよい。

これが、“ビッグデータのハラール”である。要は、匿名化の基準を単純かつ明確に定めることと、この基準をクリアしたと宣言することの二点だけである。しかも、わが国にはすでに類似した制度がある。それなら、あとは業界が動くかどうかだけである。

…とまあ、そんな話を先日の経営法友会との会合で話した。

いうまでもなく本稿では、もののたとえとしてハラールという言葉を用いた。ハラールに近い意味の日本語に「お祓い」というのがあるけれど、「ビッグデータのお祓い」では、なんだかニュアンスが違うし、何より、ハラールと違って、「お祓い」を公示する仕組みがない。そこで、ハラールというイスラムの智恵を借用させてもらったが、イスラム教徒の感情を害するなら撤回したい。

|

« 内藤頼博の理想と挫折(47) | トップページ | 内藤頼博の理想と挫折(48) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/58677836

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグデータのハラールについて:

« 内藤頼博の理想と挫折(47) | トップページ | 内藤頼博の理想と挫折(48) »