« 内藤頼博の理想と挫折(63) | トップページ | 自動車ナンバーの自動読み取りビジネスについて »

2014年7月28日 (月)

『私たちはこれから何をすべきなのか―未来の弁護士像』(金子武嗣弁護士著)

金子武嗣弁護士から、著書『私たちはこれから何をすべきなのか―未来の弁護士像』(日本評論社)をご恵贈いただいた。

金子弁護士は今年66歳。2010年度大阪弁護士会会長で、2016年の日弁連会長選挙出馬が噂されている。弁護士としての人格識見に優れていることはもちろん、実直な性格とフットワークの軽さをあわせ持ち、とても尊敬している弁護士の一人である。

さて本書の構成は、260頁の前半分以上を、明治時代から現在に至る弁護士制度の歴史の記述にあてている。その意味では、司法改革―日弁連の長く困難なたたかい』(大川真郎弁護士 2007年)『こんな日弁連に誰がした?』(拙著 2010年)に続く「歴史系」といえる。弁護士や弁護士会の現在や未来を語るうえで、歴史の探究は不可欠であり、何度でも、さまざまな視点で語られるべきだと思う。その意味で、「歴史系」の再登場を率直に喜びたい。

歴史の記述は客観的記述を旨としているが、全体としては弁護士自治を勝ち取った先人の努力に焦点を当てたものとなっている。また、昭和以降のいくつかのトピックについては、著者の評価が明示されている。いわゆる反臨司路線に対して否定的な評価を下している点は拙著の立場と同じであり、19941221日の日弁連(土屋公献会長)総会での800人決議が失敗だったと総括している点は、拙著や大川真郎弁護士と同じ。その意味では「反虎系」に分類される。

中坊公平も矢口洪一も出てこない点や、東西冷戦と55年体制の終結といった背景事情に触れない点は、拙著と異なる。これは良し悪しの問題というより、会長選挙出馬を控えた筆者の立場の問題と思われるが、意見対立の火種を慎重に避けたとの印象もある。

日弁連にとっての「司法改革」の出発点を1989年の「松江市の人権大会宣言」としている点は、翌1990年の「高知市での日弁連総会」での「司法改革宣言」とする大川真郎弁護士と微妙に違う。評価の理由は、それまでの言いっ放し、何でも反対の宣言ではなく、有言実行だったからだという。ただ、司法改革の旗手であった中坊公平氏が日弁連会長に就任したのは、松江市の人権大会の翌年だ。この差に「微妙」な違いの原因を求めるのは、穿ちすぎだろうか。

終章は、書籍名と同じ「私たちはこれから何をすべきなのか弁護士の未来像」という題名だ。政策提言集というべきところだが、その内容を乱暴に要約すると、①業務拡大に最大のページを割き、次いで②司法試験合格者年1500人の実現と若手弁護士の支援、③弁護士を身近にする広報、④政策実現のための説得力と自己犠牲、⑤憲法を守り、立法活動を強めると続き、最後に⑥弁護士の未来を見据えよう、と結んでいる。

この提言の部分については、正直、若干の物足りなさを禁じ得ない。弁護士の業務拡大が必要なのはその通りだが、弁護士会はこの10年、必死で取り組んできて、成果を上げられなかった。なるほど組織内弁護士は全国で1000人を超えようとしているが、弁護士全体が2万人近く増えた中では焼け石に水だし、増加率の頭打ちも近いといわれている。司法試験合格者1500人というのは、現執行部と同意見だが、景気がよほど劇的に好転しない限り、1500人を維持したのでは弁護士の窮状は解決しない。それは弁護士個人の生活の問題ではなく、弁護士を目指す優秀な若者を減らしているし、「自治」の対価である馬鹿高い弁護士会費の引き下げ圧力となっていて、筆者自身が最大の価値を置く自治権を崩壊させようとしている。もちろん著者自身、よく分かっておられると思うが、政策提言を従前の「主流派」の枠組みに収めてしまったあたり、自ら手足を縛っているように見える。

また、人口問題に言及しながら、法科大学院等法曹養成問題に一切言及しない点、ご自分がかかわられた給費制問題についての提言がない点についても、大人の事情と思いつつ、不満が残る。

さらに、著者は「弁護士自治は先輩が勝ち取ったものであり、維持する努力を怠れば失われる」と警鐘を鳴らしていて、その点に異存はないが、弁護士自治がいまどのような危機に晒されているのか、なぜ守らなければならないのか(年間60万円から100万円も支払って!)、について、掘り下げた見解が示されていない。このあたりについては、私も追って、論点を分けて意見を述べていきたい。

『こん日』に示した弁護士の未来は、とても暗い。これに対して金子弁護士は、ほぼ同じ歴史認識に立ちながら、あえて明るい未来を描こうとしている。私はその立場を否定するつもりはない。評論家の気楽さとは違うのだし、未来は暗いと言って何もしないのでは敗北主義だからだ。だが、気楽な評論家だからこそ言えることもあろう。その意味で、ご恵贈いただいた本については、建設的な議論をしていきたいと思う。

 

|

« 内藤頼博の理想と挫折(63) | トップページ | 自動車ナンバーの自動読み取りビジネスについて »

コメント

競争が緩和されれば、充分なサービスが行き届かなくなり
・身近にいないから必要な時に相談できない。あるいは、資格を持たない人に相談してしまう人が大勢いる(非弁行為がまかり通る)
・弁護士は事件を選び、お金にならない事件や手間のかかる事件は断るケースが多くなる
・相談者や依頼者に横柄な態度をとる弁護士が増える
・競争がないから価格が高止まりする
といったかつての問題が戻ってくるだけのことだと思います。

一般の業界では競争があり、良いサービスを提供して消費者に選んでもらう音で生き抜いていかないといけないわけで、なぜ弁護士だけは参入規制により守られないといけないのか?

という根本的疑問は解決されないですね。
競争がなくなれば、サービスの質は低下すると思います。

また、会費が下がれば弁護士自治は維持できないのか?
という点も疑問です。
欧米でも懲戒制度に何らかの形で弁護士会がかかわっている(つまり、ある程度の自治が認められている)国や州は多いですが、会費はたいていは日本より安いですよ。本当に、「弁護士自治はお金がかかる」のでしょうか?
 弁護士自治の根幹とは言えない部分にも、潤沢に予算がついているケースがないか、もう一度検討すべきだと思います。
 また、当番弁護など、本来国が予算を出すべきところを弁護士会が出さざるを得ない状況、つまりは、国の司法予算の乏しさも、高額会費となって跳ね返ってきているといえるでしょう。

さらにいえば、窮状といいつつ、採用をかけても応募がない、という経営弁護士の意見を聞くことが良くあります。特に、一斉採用の時期を逃すと、採用はかなり困難、とも言います。
 そういう意味では、まだ不足しているともいえるわけで、経営側から見れば、一般企業のように、豊富な人材から自由に採用できるほうがありがたいのは事実ですね。
 合格者が増えれば質が下がる、論は、あまり賛同できません。なぜなら、業務の能力は、筆記試験の能力だけで測れるものではないからです。むしろ、合格者が減り、採用難になって、「コミュニケーション能力に不安があるけど他に応募者がいないから採用せざるを得ない」状況のほうが問題があります。

投稿: sate | 2014年8月 1日 (金) 01時42分

最近、驚いたことがある。今から3年前、私を被告として請求異議訴訟を提起してきたある人物がいたが、まったくの不当訴訟そのもので、原告でありながら、その代理人たるや立証責任も果たしておらず、私の答弁書に対し、第一回口頭弁論で「被告の証拠は客観的証拠だけではないか」とのたまわった。客観的証拠以外何が裁判に必要というのであろうか。話は長くなったが、この原告代理人が、なんと栃木弁護士会の会長になったのだから、一体、弁護士会とは、どんな人選をしているのか、不思議でならない。
栃木くんだりまで行って本人訴訟で私は戦ったが、一審でストレート負けした原告は、私の尋問で終盤は、顔が蒼白になっていたが、それすら助けることができなかった原告代理人。もともと無理筋事件だったからあたりまえだが、本人訴訟に負けた代理人は、栃木支部でも有名になったのは言うまでもない。
不祥事続きの弁護士業界、今、ここで襟をたたさずにどこでただすのだ。

投稿: はるな | 2014年8月 7日 (木) 11時00分

sateさんへ

かつての状況まで弁護士数が戻るためには、合格者数を現在の3分の1~4分の1にした上で、その合格者数を30年以上続けないといけません。
もはや、かつての状況に戻すのは実現不可能ですから、あなたの心配は杞憂といえます。

また、現在、修習生が情報を入手できるようにして採用募集を出したならば、応募がないということはありません。
固定給のないノキ弁でも、ブラック事務所として名が知れ渡っている事務所でも多数の応募があります。
ほんとにそんなことを言っている経営弁護士がいるのなら、所属弁護士会の司法修習委員会を紹介したらいいです。すぐに何十人も応募がありますよ。

合格者が増えれば質が下がる。どの試験でも当たり前のことです。
弁護士の業務は、法廷中心だろうが、企業活動中心だろうが、法的知識を元に言葉を駆使する仕事です。
司法試験とは、法的知識に基づいて、言葉を駆使し、説得力ある文章を書くことが求められる筆記試験なのですから、業務の能力は基本的に筆記試験の能力に左右されます。
そして、上に述べたように、心配しなくてもコミュニケーション能力がない合格者を採用しなければならないような採用難の状態になることは現実にはあり得ないのです。

投稿: 大阪の弁護士 | 2014年8月 8日 (金) 12時56分

いくら司法試験の成績がよくても、それを発揮できる場(仕事)がなければ、腕は錆びる。
書面作成だけが弁護士の仕事ではない、尋問のへたな弁護士が多いことに驚く。

投稿: はるな | 2014年8月14日 (木) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/60054358

この記事へのトラックバック一覧です: 『私たちはこれから何をすべきなのか―未来の弁護士像』(金子武嗣弁護士著):

« 内藤頼博の理想と挫折(63) | トップページ | 自動車ナンバーの自動読み取りビジネスについて »