« スットコランド弁護士会、分離独立へ | トップページ | NICTのJR大阪駅実証実験に関する調査報告書について(1) »

2014年9月29日 (月)

新聞記者と弁護士

新聞記者と弁護士が、閻魔様の前にやってきて、相手を嘘つきと罵りますので、双方の言い分を聞くことにしました。

まず新聞記者が話し始めました。

「閻魔様、このチラシを見てください。購読勧誘のチラシです。どれも、朝日新聞の誤報をあげつらっています。私は、朝日新聞を擁護したいのではありません。他紙の批判によってしか、購読部数を増やせないことを嘆いているのです。これはパイの食い合いです。

インターネットやスマホの普及で、新聞購読者は減る一方です。競争激化の結果、再販価格制度の崩壊や購読料の値下げが迫っています。新聞記者の給料も減っているし、夜討ち朝駆けの仕事をいやがる若者が増え、新聞記者を目指す若者の質が下がっています。その行き着く先は何だと思いますか?民主主義の崩壊です。優秀な若者が新聞記者にならなくなれば、政府の嘘を暴き、民意に訴える記事を書ける記者が減ります。そうなったら、誰が民主主義を支えるのですか。」

次に弁護士が話し始めました。

「閻魔様、このホームページを見てください。多くの法律事務所が相談料無料を謳っています。弁護士業界は今、過当競争になっています。しかも、法テラスが弁護士費用の査定を上げないので、弁護士の収入は減る一方です。若手弁護士の平均年収はどんどん下がり、月5万円の弁護士会費ですら支払えない者が現れています。その結果、法科大学院を目指す若者が激減したばかりか、大学法学部の志望者も減り、偏差値が暴落しています。つまり、弁護士を目指す若者は減り、その質もどんどん下がっているのです。その結果どうなると思いますか?私は弁護士の生活を守れといっているのではありません。弁護士の仕事は人権擁護です。弁護士の質が下がれば、人権擁護の質も下がります。しかも、困窮した弁護士は、安くてペイしない人権系の事件を手がけようにもできません。そうなったら、誰が人権を守るのですか。」

話し終わると、新聞記者と弁護士は、お互いに「この嘘つき」と怒鳴りあい、取っ組み合いの喧嘩を始めました。

閻魔様は言いました。「二人とも、本当のことを話しているのだな」

新聞記者と弁護士は喧嘩をやめ、「本当です」と声をそろえて言いました。

閻魔様は言いました。「私には、二人が同じことを言っているとしか聞こえない。それでお互いを嘘つきと罵る言葉が本当なら、二人とも嘘をついていることになる。」

閻魔様は手下の鬼を呼んで言いました。「鬼ども、この二人の舌を引っこ抜いてしまえ!」

こうして新聞記者と弁護士は、舌を抜かれてしまいました。閻魔様の国は、うるさい人が減ったので、静かになりましたとさ。

おしまい。

|

« スットコランド弁護士会、分離独立へ | トップページ | NICTのJR大阪駅実証実験に関する調査報告書について(1) »

コメント

新聞の唯一の正確さは、日付だけ。
どこが人権擁護と疑わしい弁護士の質が低下しても、その分、ネットの普及で法律知識を得た庶民は、弁護士を必要としないのだから、新聞も弁護士も、過去のもの。

投稿: はるな | 2014年9月29日 (月) 11時20分

2人とも嘘つきではなくて、自分の主張を、心から正しいと信じているのではないでしょうか。

そんな、頭の悪さ、視野の狭さ、心根の卑しさが、単なる嘘つきというよりも、根深い問題をもたらしてるのが現状だと思います。

投稿: 横浜の弁護士 | 2014年10月 7日 (火) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/60386611

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞記者と弁護士:

« スットコランド弁護士会、分離独立へ | トップページ | NICTのJR大阪駅実証実験に関する調査報告書について(1) »