« NICTのJR大阪駅実証実験に関する調査報告書について(3) | トップページ | NICTのJR大阪駅実証実験に関する調査報告書について(4) »

2014年11月27日 (木)

内藤頼博の理想と挫折(65)

占領下の日本で、裁判所法起草の中心となり、給費制を創設するなど、現代司法制度の礎を創ったのは、内藤頼博(よりひろ)判事ら、戦後の日本人法曹である。彼らが描いた理想と挫折の軌跡を追う。

木戸幸一と内藤頼博(6

『木戸幸一日記』を「学習院問題」で検索すると、次のとおり、多数の記述を見ることができる。

昭和5128日「(霞山会館に於いて)午後6時より、午餐会の運中と宮内省幹部との会食に出席、食後、学習院問題、華族問題等につき意見を交換し、10時過散会す。」

昭和827日「午後六時、華族会館に於て近衛公と共に平泉澄博士と会食、同博士より最近大学方面の赤化の有様を聴く。

同博土の意見によれば、我国の現状は赤化の手、あらゆる方面

に延び、誠に寒心すべき状熊にあり、明治維新の宏業も今日の有様にて推移するに於ては、結局建武中興の大業と同じく、後世より之を見れば失敗に帰したりと評せらるるに至らんと云ふにあり。昭和維新の大眼目は天皇御親政にありと説く。傾聴に値する点少からず」

228日「正午、火曜午餐会に出席す。二荒伯と学習院問題につき語る。同伯は自ら御用掛として改革の衝に当り度き希望あり。考慮を要する問題なり」

31日「11時、二荒伯来庁、学習院問題につき面談」

33日「午前十時官邸に湯洩宮内大臣を訪問。学習院問題につき従来の経過を語り、今後の方針として先づ馬場教授を勇退せしむることにつき諒解を得、尚、宅野検挙に伴ひ宮内省内部の粛清の必要を力説す」

36日「退庁前、大谷次官と宅野事件、学習院問題等につき相談す」

310日「11時半、二荒伯来庁、学習院問題につき相談す」

524日「午後六時より十一会を開催。織田、佐々木、松平、黒木、裏松の諸君来会、政局の問題、高橋蔵相留任に伴ふ政友会の動向、赤の問題、殊に華族の子弟の赤化問題、学習院の将来、京大瀧川(幸辰)教授休職問題等に渉り論議し、1215分過ぎに至り散会す」

525日「午後6時より丸の内東洋軒に於て荒木学習院長の招宴あり、出席す。学習院の教育方針、赤化学生対策等につき意見の交換を為す」

621日「午後三時、華族会館に至り、学習院評議会特別委員会に出席、池田(克)司法書記官より学習院関係の赤化事件の様子を聴く。午後五時より同所に於て、酒井・細野両君と会し、京都大学紛擾問題につき協議す」

719日「午後3時半より、大谷次官々邸に至り、次官、宗秩寮総裁、其他の人々と共に学習院問題を研究す。結諭を得ず」

725日「11時、次官室に於て、次官、酒巻(芳男)総務課長と共に学習院問題を相談す」

昭和9129日「武宮君来室、森俊成干息(俊守)の赤化事件判決に関し同子の執るべき万針につき相談ありたり。廣幡君来室、赤化子弟父兄の処分につき、御上に於ても御心配にて、鶴井(蚊常)、山ロ(正男)等の気の毒な事情等を御引例になり、御注意ありしとのことなりし故、決して将来の立場を失ふが如き処分は為さざる旨を奉答方、依頼す」

昭和929日「本多(猶一郎)書記官より、赤化華族の処分につき検事局当局と打合せたる結果を聴く」

昭和9313日「4時半、岩波・本多両事務官と共に大臣官邸に至り、…所謂赤化華族の処分案につき協議し、決定を受く」

315日「11時、久我通武を招き、赤化問題につき面談」

105日「午後3時半、御召により朝香宮邸に伺候、拝謁す。壬生(基義)伯令嬢(種子)の副島伯令息(種義)と結婚希望につき、意見を徴せらる。蓋し副島伯令息の赤化事件に関聯せしことあるによるなり。余は同件処分の其意を述べ、差支なき旨を御答す」

1110日「久保氏、原田男と共に来庁、住友〔吉左衛門〕男の亥人として副島.小倉両氏の赤化事件其後の経過等を尋ねらる。余の知れる丈は話す」

昭和10320日「11時、久保田(譲)枢密顕問官来庁、美濃部問題、華族問題、学習院問題等につき意見を開陳せらる」

昭和18626日「十一時、東條首相参内、連絡会議の決定につぎ奏上。面談。武者小路子来室、中山侯、蜂須賀侯の問題、学習院問題等につき隔意なく意見を交換す」

以上から明らかなとおり、学習院問題の他の一端は「華族の赤化問題」であった。

|

« NICTのJR大阪駅実証実験に関する調査報告書について(3) | トップページ | NICTのJR大阪駅実証実験に関する調査報告書について(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/60707131

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤頼博の理想と挫折(65):

« NICTのJR大阪駅実証実験に関する調査報告書について(3) | トップページ | NICTのJR大阪駅実証実験に関する調査報告書について(4) »