« 弁護士会広報のあり方について | トップページ | 地方裁判所大幅削減へ »

2015年3月16日 (月)

ヒューマノイドは、クラウドと人間とを繋ぐインターフェースになるか

サムスンが、「スマートTV」に搭載されている音声認識機能について、ユーザーの「私的な会話や重要な情報を含め、言葉を発すればその情報がデータとして傍受され、音声認識機能を通じて第三者に送信されますのでご注意ください」と呼びかける内容の注意喚起を行ったことを、210日のCNN報じた

CNNでは、女性キャスターの横に、60年代を彷彿とさせる白黒テレビを据え、人間の耳を大写ししたうえ、ジョージ・オーウェルの「1984」に言及するなど、ややおどろおどろしい演出であった。CNN12日にも、「Your TV may be watching you」と題する署名記事を公表した。

サムソンが当然行うべき注意喚起を怠ったのか否か、そのあたりの経緯は不明だが、現時点での汎用音声認識機能では誤認識が頻発することは自明だから、ユーザーの音声をクラウドに集積して分析することは、メーカー側の考えとしては、当然ともいえる。他方、このようなメーカー側の事情が、ユーザー側から見れば「聞き耳」「盗聴」と理解され拒否されうる、ということも、当然のように思える。

他方、ソフトバンクのPepperに代表される、いわゆるコミュニケーションロボットは、ユーザーとの会話を、分析のためクラウドにアップロードすることを、当然の前提にしている。このことは、ソフトバンク自身が、堂々と公表していることだ。そして、Pepperが会話をクラウドにアップロードしたからといって、これをプライバシーの侵害だとか、監視社会だとして批判する言説は、今のところ皆無だ。

すると、ユーザーの会話内容をクラウドにアップロードすることを、テレビがやると炎上するのに、Pepperがやると許容されることになる。技術的には何ら変わらないことなのに、何故この差が出るのかは、大変興味深い問題だ。

一つの仮説としては、人間は本能的に、人型(厳密に人間型である必要はない。アニメキャラのようなものでもよいし、動物型でも何でも、とにかく『人格』を感じさせるもの)の相手に対しては、ある種、心を許すのではないか、というものが考えられる。人は、テレビが人の会話を聞いているとは思わないが、人型ロボットなら、人の会話を聞いても当然と思うのかもしれない。もしこの仮説が成り立つなら、サムソン製スマートテレビの傍らにヒューマノイドを置いて、ユーザーからの指示に対応させたり、画面の一部にオペレーターを表示して、ユーザーに応答させたりするならば、CNNから糾弾されることもなかった、と言いうる。

もちろん、違う仮説もありうる。いまPepperが相手の会話をクラウドにアップロードしても非難されないのは、Pepperが公の場所でのみ人と会話しているからであって、一般家庭などのプライベートの場所での会話がクラウドにアップロードされることに対しては、拒否反応があるはず、という仮説も成り立つ。確かに、「イブの時間」にでてくるようなメイド型ロボットや、近い将来必ず登場するであろう性的玩具型ロボット、いわゆる「セクサロイド」との会話がクラウドにアップされることを、条件付にせよ、ユーザーは許容するだろうか。

私自身、確たる見解をもつわけではないし、法律家の管轄を外れた問題かもしれないが、先日、電子情報通信学会でこの話をしたら、強い興味を持たれたので、一応、記しておくことにした。

 

 

|

« 弁護士会広報のあり方について | トップページ | 地方裁判所大幅削減へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/61287373

この記事へのトラックバック一覧です: ヒューマノイドは、クラウドと人間とを繋ぐインターフェースになるか:

« 弁護士会広報のあり方について | トップページ | 地方裁判所大幅削減へ »