« ドローン少年また逮捕 | トップページ | 「底が抜けた」法曹人口問題 »

2015年5月27日 (水)

大阪弁護士会正規職員の年収について

大阪弁護士会正規職員の年収について、「大阪・淀屋橋の弁護士」氏が「年収500万円を超えている可能性が高い」と試算し、「腹が立ってきた」と述べている。

 

気持ちは分かるが、計算がちょっと違うのではないか、と思ったので、大阪弁護士会の予算・決算承認の定期総会の折、質問してみた。

 

その回答が次のとおりである。

 

大阪弁護士会の職員数は、平成2741日現在、正規職員71名、派遣労働者を含む非正規職員29名の合計100名。正規職員のうち53名が総合職で、18名が非総合職だ。

 

一方、平成26年度決算によると、職員に支払った給料(退職金は除く)は59479万円。このうち、正規職員に支払ったのは49839万円、非正規職員に支払ったのは9640万円であるとのこと。

 

したがって、正規職員一人あたりの平均年収は、約702万円ということになる。但し、53人の総合職と18人の非総合職は職制が違い、給与体系も違うと思われるので、仮に総合職の平均年収が非総合職の2割増しだとすると、総合職の年収は約733万円、非総合職の平均年収は約611万円となる。

 

もちろん、大阪弁護士会の職員は、皆さん非常に優秀であり、わがままばかりの弁護士相手によく働いてくれて、感謝することが多い。総合職平均730万円という年収が、高すぎる金額であるとは、決して思わない。

 

だが、年収300万円台ともいわれる若手弁護士(若手といっても司法試験合格平均年齢が28歳とすれば30歳~40歳)がどう感じるかは別問題だ。

 

追記;ご指摘により、一部修正しました。修正したのはまず、正規職員の合計人数であり、総合職53人、非総合職18人の合計71人が正しく、これに伴い、その後の計算結果も修正しました。もっとも、修正した計算結果の違いは、ほとんど1万円未満に吸収され、非総合職の平均年収が610万円から611万円に変わっただけです。いずれにせよ、人様の計算結果が違うといいながら、小学生レベルの計算間違いをしてしまったことをお詫びいたします。

|

« ドローン少年また逮捕 | トップページ | 「底が抜けた」法曹人口問題 »

コメント

 定期総会で回答した土谷です。私もよく確認していなかったのですが、会の「給与手当等」の勘定科目には、「法定福利費」も含まれているようです。したがって、正規職員一人あたりの会負担額は、約702万円になりますが、「平均年収」はもっと低くなります。
 正確に説明できておらず、申し訳ありませんでした。

投稿: 土谷喜輝 | 2015年5月28日 (木) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/61651819

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁護士会正規職員の年収について:

« ドローン少年また逮捕 | トップページ | 「底が抜けた」法曹人口問題 »