« LINEでの無料法律相談担当弁護士を大幅増員 | トップページ | 大阪弁護士会正規職員の年収について »

2015年5月22日 (金)

ドローン少年また逮捕

岸和田警察署は昨日、「岸和田だんじり祭り」の上空でドローンを飛行させたとして、操縦していた少年(15)を威力業務妨害罪の現行犯で逮捕するとともに、墜落したドローンの部品と思われる「プロペラの一部等」を押収した。ドローンは、墜落した後だんじりに轢かれ、粉々になっているが、ドローンの落下で怪我をした人はいない模様。

岸和田だんじり祭りは、毎年9月、大阪府岸和田市の岸和田城下で行われる祭り。「だんじり」と呼ばれる、木製の車輪がついた巨大な山車を、数百人の曳き手が引いて、町中を疾走する勇壮な祭である。特に、だんじりを交差点でターンさせる「やりまわし」は、スピードを落とさないほどよいとされ、数トンもあるだんじりが猛スピードで交差点を曲がる様は豪快だ。

少年が祭の上空にドローンを飛行させたことについて、地元の女性(36)は、「逮捕は当然。1キロ程度の軽いドローンでも、墜落すれば人に怪我をさせかねない。恐ろしくて、落ち着いて祭を見物できない」と不安をあらわにした。

この日の岸和田だんじり祭りは、折からの小雨で道路が濡れ、スリップしただんじりが商店に突っ込んで3軒を営業不能にしたほか、見物客が巻き込まれて5人が負傷。気が立った曳き手同士の小競り合いで23人が負傷したほか、その晩の飲食店街では喧嘩が多数発生し、警察官が出動する騒ぎとなった。もっとも、けが人の多くは指や顔面の骨折や10針程度の裂傷がほとんどで、命に別状はなく、逮捕者も出なかったという。地元の警察官は、「毎年こんなものです」と涼しい顔で述べた。

逮捕された少年は、「法律に違反するとは思っていなかった」と容疑を認め、反省しているという。

 

このエントリはフィクションです。実在の地域・団体とは全く関係ありません。

|

« LINEでの無料法律相談担当弁護士を大幅増員 | トップページ | 大阪弁護士会正規職員の年収について »

コメント

いつも楽しく拝見しています。

が,このエントリは,今ひとつ,意味が分からず,笑えなかった。

ちょっとザンネン。

投稿: | 2015年5月26日 (火) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/61628058

この記事へのトラックバック一覧です: ドローン少年また逮捕:

« LINEでの無料法律相談担当弁護士を大幅増員 | トップページ | 大阪弁護士会正規職員の年収について »