« ドローン産業化と物流について | トップページ | 完全自動運転自動車の事故の責任と保険と省益について »

2016年6月30日 (木)

テレビを見ながら発話するコミュニケーション・ロボットについて

人間と会話するロボットを、コミュニケーション・ロボットという。

コミュニケーション・ロボット研究の目下の課題は、高齢者の話相手を育成することだ。

高齢者の話を聞いてあげることは、QOLの向上につながるし、認知症の防止にも役立つ。だが、高齢者の話は一般に長くて要領を得ないし、同じ話を何回も繰り返すから、話相手を務めることは大変で、介護職員の大きな負担となっている。また、高齢化に伴い急速に増えている独居老人の多くが、一日の大半を誰とも話さず過ごすようになっていて、認知症予備軍ともいわれている。

そこで、高齢者の話に対して、一定のタイミングでうなずいたり、相の手を入れたりするロボットは、すでに開発されていて、介護施設などに導入されている。しかし、自分から話をきりだしたり、やや高度な受け答えをしたりするコミュニケーション・ロボットは、まだ研究途上だ。

奈良先端大学の神原誠之准教授は、会話の切り口に、twitterなどのSNSを利用する手法を提案している(電子情報通信学会誌平成286月号)。具体的には、高齢者と一緒に見る特定のテレビ番組についてのtweetをハッシュタグで検索し、そのつぶやきを発話する、というやり方だ。たとえば、独居の高齢者とともに大相撲中継を見ながら、「稀勢の里がんばれよ。綱取りがかかっているんだからな。がんばれ!ああ、負けちゃった」などと、ロボットがつぶやく。このつぶやきに高齢者が反応した場合には、対話モードに切り替わる。「稀勢の里を応援しているのかい?」「応援しています」「なぜ応援しているの?」「だって横綱になれば、久しぶりの日本人横綱だから」といった具合だ。ちなみに、稀勢の里についての知識は、wikipediaなどから検索して答えるわけである。

よいアイデアだと思うが、実用段階を考えたとき、いくつか法的な問題もある。

一つは、SNSでの書き込みをロボットが話すことは、書き込んだ人やSNS運営者の著作権等を侵害しないか、という問題だ。

Tweetの著作物性については、たとえば福井健策弁護士が詳細な解説を行っている。要は「著作物になる場合もあるし、ならない場合もある」。確かにtweet1通は最大140字にすぎないが、たった17文字でも立派な著作物になりうる。他方、創作性が全くないもの、たとえば「スタバでコーヒーなう」は、100字を超えても著作物ではない。しかし、現時点の技術水準では、ロボットに「著作物性のあるつぶやき」と「著作物性のないつぶやき」を判別させることは困難だ。また、tweetするユーザーは、自分のつぶやきがretweetされることをあらかじめ承諾しているといってよいと思われるが、だからといって、ロボットがまるで自らの思いつきのように話すことまで承諾があるとはいえない。結局のところ、ロボットがtweetをハッシュタグで検索し、ヒットしたものを発話するというシステムでは、著作権等を侵害する可能性が否定できない(というか、いつかは侵害してしまう)ということになる。

もう一つの問題は、特定のハッシュタグで検索しヒットしたつぶやきを発声する、という方法では、複数人による脈絡のない、あるいは相矛盾したつぶやきを、一台のロボットが発話することになるが、それは時として人格分裂の様相を呈することになり、話し相手の高齢者を混乱させる、という点だ。「マスゾエ早く辞めろ」「そうだな。マスゾエは辞めた方がいいな」「辞める必要なんかないでしょう」「いま辞めろと言ったじゃないか」「言ったよ」「じゃなんで辞める必要がないと?」「次の都知事は橋下かな?」「何を言っているんだ」と、まるで筒井康隆の短編「最悪の接触(ワースト・コンタクト)」のようなシュールな世界が出現してしまう。

このほか、マイクロソフト社のAIを陥れたように、SNSを悪用し、わざと罵詈雑言を投稿してロボットにしゃべらせようとする輩や、高齢者に対する攻撃的または犯罪的言葉をロボットにしゃべらせようとする輩もでてくるだろう。コミュニケーション・ロボットを使った振り込め詐欺が現実化すれば、ロボットのメーカーや運用者も責任を問われかねない。

結局のところ、コミュニケーション・ロボットがテレビを見ながら会話をきりだすには、人力を介するしかないと考える。具体的には、一番組あたり一人のスタッフが、番組を見ながら、高齢者の興味を引きそうな話題を入力すると、それが各家庭のロボットを通じて発話される、という仕組みだ。高齢者が応答すれば、各家庭のロボットは自律応答モードに切り替わる一方、高齢者の音声を直ちにテキスト変換して、テレビ局に送信する。スタッフはこれを見て、次の話題を入力することになる。このようにして、「コミュニケーション・ロボット用の会話素材」は、デジタル放送の副音声や、テレビ画面に流れるハッシュタグ付きツイートのような、テレビ局が提供するサービスの一つとして提供されるようになるだろう。

テレビ局の一室で、番組を見ながら、見も知らぬ数万人の高齢者に向けて、ロボットの台詞を発信する人間のスタッフ。モニターには、テキスト化された高齢者の言葉が、ニコニコ動画のコメントのように流れていく。こういう仕事が生まれる日は、案外、近いかもしれない。

 

 

|

« ドローン産業化と物流について | トップページ | 完全自動運転自動車の事故の責任と保険と省益について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/63845914

この記事へのトラックバック一覧です: テレビを見ながら発話するコミュニケーション・ロボットについて:

« ドローン産業化と物流について | トップページ | 完全自動運転自動車の事故の責任と保険と省益について »