« 人工知能は人間の仕事を奪うのか?(『洗練された奴隷制』再論) | トップページ | 弁護士による不祥事と「弁護士自治」との関係について »

2016年7月28日 (木)

ポケモンGOが変えた世界で

『ポケモンGO』は、兄が中学生のころ、夢中になっていた。いまは古くて誰もやらないが、発売当時は、大事件だったらしい。

あのあと、「リアル世界系」ゲームは大きく進化した。

まず、ポケモンみたいなアニメアニメしたキャラクターはなくなって、リアルなキャラクターが主流になった。画面を通すと、リアル人間とキャラクターの見分けなんてできない。

スマホと呼ばれた電話機を両手に持ってゲームしながらゾンビみたいに彷徨う人なんていない。みな、ディスプレイとイヤホンつきのゴーグルをかけて、卵形のコントローラーを手に握ってゲームしている。二つ以上のゲームを一度にやっている人も多い。

一昨年は、『リアルウォーリーを探せ!』がブームになった。初級だと例の縞々を着ているからすぐ分かるけど、クラスが上がると、顔とめがねだけのウォーリーになるので、リアルの人と見分けがつかない。それで本物の外国人男性がウォーリーに間違えられたり、本物の人間がウォーリーに変装してゲーマーを騙したりして、マスコミを賑わせた。

昨年は『リアル鬼ごっこ!』が空前のブームになりかけた。ところが、通行人が突然鬼になって追いかけてきたりするものだから、慌てて道路に飛び出して車に轢かれた人が出て、発売禁止になってしまった。でも来年には、『リアルマトリックス』が発売されるらしい。通行人が突然エージェント・スミスになって撃ってきたら、ちょっと怖い。

ぼくはいま、『リアル金田一少年』にハマっている。探偵として街を歩き、証言を集め、犯人を追い詰めるゲームだ。ゲームをしながら、ミクと二人で路地や繁華街を歩くのは、とても楽しい。ミクとは、2年くらいの付き合いになる。とても可愛い。

今日は、犯人の隠れ家を突き止めた。集めた証拠のおさらいをしながら、ミクとレストランで食事をして、二人で家に帰った。明日は犯人と対決だ。早く寝よう、と言うと、ミクも「わかった。おやすみ」と言った。

「おやすみ」とぼくは言って、ゴーグルを外して、一人で寝た。

 

 

|

« 人工知能は人間の仕事を奪うのか?(『洗練された奴隷制』再論) | トップページ | 弁護士による不祥事と「弁護士自治」との関係について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192469/63977606

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモンGOが変えた世界で:

« 人工知能は人間の仕事を奪うのか?(『洗練された奴隷制』再論) | トップページ | 弁護士による不祥事と「弁護士自治」との関係について »